アングル
角度を変えてタイからアジアを覗く

タイなどアジア向けポップカルチャーサイトが大人気。福岡県が運営の「アジアンビート」!

漫画やアニメ、ファッションにポップミュージックなど若者に人気のポップカルチャー。今、こうした日本発の若者文化を紹介するウェブサイトが、タイや台湾、中国、ベトナム、香港などアジアで大ヒットしている。なんと、仕掛人はお堅いイメージのはずの自治体「福岡県」。その取り組みをご紹介――。

asianbeat

アジアンビート(http://asianbeat.com)は2005年に開設。福岡県などが設立したアジア・ユース・カルチャー・センター(AYCC)が運営する文化交流のためのウェブサイト。自治体としては全国初めての試み。

f508df447345a7

展開する言語は、タイ語、日本語のほか、英語、中国語簡体字、同繁体字、韓国語、ベトナム語の計7言語。全世界162の国と地域からアクセスされ、2011年だけでも年間のアクセス件数は約1100万件。ネット上でファッションコンテストなどを実施している。

f50a3519dbb26a

海外でのイベント開催も積極的。昨年はベトナムの首都ハノイで写真撮影会やイラスト展を開催したところ、3000人以上のファンが集まり盛況だった。今後は、東南アジアの拠点タイでも活動を活発化する予定。福岡発の「アジアンビート」が今、熱い!

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で