タイ商務省直営の安売り店、2000店設置も目標達成できずブーイング

Last updated:

タイ商務省の肝いりで始まった直営安売り店「トゥークジャイ」プロジェクト。開設累積店舗数がこのほど2000店を達成したが、目標としていた「5月末までの1万店突破」にほど遠い現状に、開店待ちの申込者からはブーイングの嵐が起こっている。

トゥークジャイは、既存の民間小売雑貨店を活用。売り場の一部を専用コーナーとし、政府の助成の下、米や雑貨、油などの日用品を市価の70~80%程度の値で安売り販売するとした商務省の施策。4月末までにバンコクほか15の都県で2000店舗まで増やし、5月末までに全国1万店舗とする計画だった。

ところが、参加希望者が殺到。認可手続きが遅れ、それに伴って商品の遅配なども発生したことから、新規開店のペースが大幅に落ち込んでいた。すでに6000店舗ほどに認可を与えているが、現在は、4000店舗ほどが開店待ちの状態。商品の納品遅れも深刻で、1~2週間の遅れはザラという。

商務省では今後、予算を増やして全国の村々にトゥークジャイを拡大していく計画だが、目標の1万店舗の達成がいつになるかは不透明な情勢で、杜撰な計画に開店待ちの申込者は苛立ちを強めている。

あなたにオススメの3本
タイの人々の暮らし 第7回 食品の持ち帰り(中食)文化・頻度と外食... 毎週金曜日に掲載している新企画「タイの人々の暮らし」。一般のタイの人々がどのような生活を送っているのかをご紹介、衣食住ごとに1話完結でお届けしている。「食」のシリーズ連載中の今回は、意外に多い「持ち帰り」のお話。新たなビジネスチャンスにつながるかも!? ...
タイが嫌いって? 在住歴が長いと色々な人の相談にのったり、友達経由で話を聞くことが多くあります。先日も在住歴が浅い人が「タイ人嫌いだし、タイ語ももう学ぶ気がなくなった。日本に帰ろうかな」と言ってるという話をあるところで聞き、なんとなく嫌な気持ちになってしまいました。 何故帰国...
バンコクで日本語が通じるレンタルオフィスまとめ 海外で飲食店や工場設立までの仮拠点として便利なのが、レンタルオフィス。 タイ国内も最近では接待家具やOA機器、会議室オプションなどワーキングスペースだけではなく、東南アジア展開に必要な秘書や通訳などの様々な便利サービスで初進出の企業も安心して利用できる本...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
タイで日本語
タイで日本語を学ぶひとたち