バンコクの地価が4%上昇!一番高い土地は「サイアムスクエア」

サイアムスクエア
サイアムスクエア
Last updated:

Agent for Real Estates Affairs社タイ不動産価値評価・調査データセンターによると、バンコク及び首都圏の地価を調査した結果、2016年の地価は平均で4%上昇したことが分かった。

また、2017年も高架鉄道各線の建設が進むことにより、更に4%の上昇が予想されている。

首都圏で最も高い土地&安い土地は・・・?

バンコク及び首都圏で一番高い土地はサイアムスクエアで、2016年の1平方メートルあたりの地価は約50万バーツ(およそ150万円)であった。2017年は6.5%上昇し約53万バーツ(およそ160万円)となることが予想されている。

一方、一番安い土地はラムルッカ(パトゥムタニー県)で、1平方メートルあたり575バーツ(およそ1,725円)であった。

来年以降の注目エリア

来年(2018年)の注目は、ラマ4世通り―クローントゥーイ地区2018年に6~8%上昇し、1平方メートルあたり35万~37.5万バーツ(およそ105万~113万円)となることが予想されている。

また、高架鉄道の駅があるエリアも平均で6~8%の上昇が予想され、例えばヤワラート(中華街)は、高架鉄道が完成する2年後には5%の上昇が見込まれる。

Source: posttoday

あなたにオススメの3本
タイの司法制度。政府も改善に本腰。「知的財産権」と「外国判効」... さまざまなデータを元に、タイ社会の知られざる一面などをお伝えしている「数字で見るタイ事情」シリーズ。企画内企画「タイの司法」。その最終回は「知的財産権」と「外国判決効」について。知っていて損はありません! 5万人を超える熱狂的なファンを集めて昨年...
えっ?ミャンマーとインドネシアが急接近?どうするタイ?... 東南アジアでタイとライバルの国と言えば、見方はいろいろとあれども、域内最大の人口を擁するインドネシアを挙げることができるだろう。インドネシアもタイと同様、自動車など製造業の規模ではアセアンで1位、2位を争う国。そのインドネシアがここ最近、経済開放の進むミャンマ...
統計局が発表!2014年タイ国内のインターネット普及率は35%... 国内の約8.4万世帯で情報通信技術に関する調査を行った結果、2014年のインターネット普及率は34.9%ということがわかった。この統計データーは、タイ統計局が2014年1月から3月に実施され、2010年は22.4%、2013年は28.9%という結果が出ている。...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
タイでタクシー乗り放題サービス検討中
タイのタクシーが乗り放題サービスを検討中