熱中して働くならタイへ!タイで若者が働くべき3つの理由

タイで仕事
©archive.datacenterdynamics
Last updated:

「ゆくゆくは自分でビジネスをやりたい」「若いうちにチャレンジングな経験をしたい」。タイは、意欲の高い若手ビジネスマンがキャリアを作る目的で働くには最高の土地。今回は、その理由について説明します。

理由1:アジア・欧米・中東の文化が融合する国際都市バンコク

500px.comのweerawit samparuさんによるPanorama Bangkok city at twilight

バンコクは、外国人が多数居住する国際都市。様々な国籍の人たちと仕事をし、価値観の違いをリアルに体感ができる。またASEAN地域の物流の拠点にもなっておりタイに本社を置く企業も多数。最近ではIT・WEBのスタートアップ企業が増加し、ビジネスの最先端が集結している。語学・グローバル感覚、最先端のテクノロジーすべてが体感できる環境です。

理由2:安定したインフラと物価の安さが魅力

500px.comのDavid StubbsさんによるNana BTS

交通・水光熱・インターネット・・生活の基盤となるインフラ環境はバンコクであれば不自由することはほんとんどない。住居も15,000THB程度かければ、駅近で中心地にアクセスがしやすいエリアで清潔な物件を借りることができる。移動や寿司詰めの電車で感じするストレスが少なく、仕事の時間に集中することができる。

遊びの誘惑がいっぱい。自律心を鍛えるには抜群の環境

500px.comのHideki TakaokaさんによるDSC_3090.jpg

タイはアジアでも有数の観光大国。食べ物、リゾートから夜の遊びまで娯楽がいっぱい。そんな環境に身をおいて仕事にコミットをすることで、自律心を鍛えることができる。将来自分のビジネスを持つことを志す人にはおすすめ。

さらに今タイは政治的にも、経済的にも転換のとき。激動の社会で生き抜くことで、どんな環境でもやっていけるタフなマインドを手に入れられます。

あなたにオススメの3本
海外就職の方が年齢にシビア?希望者は今すぐ検討すべき!... 日本国内の転職ではミドルやシニアも活発。それとは対象に海外の転職市場においては求められる候補者どんどん若くなってきています。これまでは40代後半までOKの求人がボリュームゾーンだったのが最近で30代半ばまでに。今日は海外就職の年齢事情についてお伝えします。 ...
タイは微増、日本は漸減。消費者物価指数の日タイ米中比較... 家計の消費に対し、これに要する費用が物価の変動によってどう変化したのかを指数値で示したのが消費者物価指数(CPI : Consumer Price Index)。消費者が購入する商品やサービス等の物価の変化を把握するのに役立つ。統計資料の残る1980年から20...
個人旅行ブームでも人気が絶えないタイ最大の旅行博... 今年上半期(1月〜6月)に日本を訪れた外国人は前年同期比46%増の913万9900人、その中でタイ人は42万3600人で一昨年の28.1%増という統計結果が出ている。 そんな中、日本観光誘致のイベントとしておなじみとなったTTAA(タイ観光サービス協会)...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
117回目-バンバンバンコク
第117回 ハルキ何で来たん?