,

「日本人はタイ人よりも優秀」は昔の話

説得力がないサラリーマン
説得力がないサラリーマン

 日本の経済成長は鈍化している・・・とはいえまだまだ一人のビジネスマンとしては日本人がアジアの中では優秀、稼ぎもいいと思っていませんか?今のタイ市場と比較ではもはやそんなことは過去の話なんです。

バンコク 出展:skyscrapercity
バンコク 出展:skyscrapercity

日本人よりも高給取りのタイ人ビジネスマン

 日本のビジネスマンは仕事が丁寧で成果も残せて優秀・・・そんな話はここタイでは時代遅れになりつつあります。日本人よりも高給取りのタイ人のビジネスマンが増加中。

■ 戦略コンサルティング会社のシニアマネージャー 月給 60万円
■ IT企業の経理マネージャー 月給 50万円
■ 自動車メーカーでの品質管理マネージャー 月給 80万円

ハイスキルなタイ人
ハイスキルなタイ人
などと日本国内での給与水準と比較してもかなり高い水準の給与をもらえる求人がごろごろ。タイの物価に照らせば相当な高給取り。それに比較して日系企業の日本人マネージャーでも30万円〜40万円程度が相場。日本人だからといって格別厚待遇というわけではないのです。

その中で日本人はどんな価値を発揮するべきか?

後ろからのプレッシャー
後ろからのプレッシャー
 そんな環境で日本人ができること、タイ社会にどんな貢献ができることをしっかりと考えて価値提供をしていく必要があります。タイ社会への課題意識を持ち、これまでの経験とスキルを活かしてそれらを解決していく。タイで働くからには、日本人としての強みを活かし、タイ社会の構成員の一員として役割を考えていくことが重要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

バンコクの人材会社のWEB担当。より多くの方の活躍できる転職を応援するために、バンコク就職の裏側やネタ情報を発信していきます。この記事をきっかけにタイでの仕事に興味を持つ方が増えれば幸いです。

タイの日本食に未来はあるか?

タイの日本食に未来はあるか?

156回目 シーラチャおでん

第156回 シーラチャおでん