\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

副業はタイでよくあること

タイで副業はよくあること
タイで副業はよくあること
Last updated:

先日、会社を辞めた元同僚から連絡がありました。「もしも保険に入るなら連絡して!私、今、保険会社で働いてるから」とのこと。ああ、彼女も副業で保険の仕事してたのか、と思ったものです。

副業から独立へ

企業にもよるとは思いますが、副業を許している会社も多いのがタイランド。私の周りでもかなりの人(男女問わず)が副業を持ち、給与の半分くらいの金額~給与以上の副収入を得ているケースも見受けられます。上記の元同僚は副収入が給与を上回り、それなりの生活ができると踏んだので会社を辞めたということでしょう。彼女はベテラン社員で前年には昇格もしていたのですが、退職するときに「もう飽きちゃった」と言っていて、給与のいいところが見つかったのかな、仲良かった人がみんな退職しちゃったもんな、など色々とこちらも思っていたのですが、実際は副業の稼ぎが安定してきたから、ということだったようです。その後、SNSを通じてあちこち旅行に行っている様子や、彼女が率いているチームが大きくなっているのを見て、かなり成功しているのだとわかりました。

趣味だと思っていたら

私が勤める会社では副業を認めていることもあり、同僚とおしゃべりしているとよく副業の話になります。物販をしている人が自分の扱っている商品を社内で売ったり、休みのときにお店に来てくれとショップカードを渡されたり、場合によっては手伝いを頼まれたり、日本でビジネスパートナーになってくれる人を紹介してほしい、と言われたこともあります。語学ができる人はバイトで翻訳をしていることも多いです(現地採用でもこれはよく聞きます)し、保険や会員権のエージェントとして休日や退勤後を中心に働く人もいます。一時期、ネットワークビジネスが流行って社内でもその仕事をしている人が何人もいましたが、1年もたたないうちに耳にしなくなりました。

みんな最初のうちは「趣味でこんなのつくってるの」「友達に頼まれてこんなの売ってるの」というようなところから入ります。ドライバナナやちょっとしたアクセサリーを数十バーツから数百バーツで売っていたのが、社内人脈をうまく利用して顧客を掴み、同僚からの率直な意見を利用してビジネスとして立派にやっていく、という人もいます。私が知る中で最も成功しているのは、ケーキ屋を開いた元同僚でしょうか。趣味のお菓子作りから発展して、今ではバンコク都内に店舗を構えています。何度か彼女のケーキを食べましたが、甘さ控えめでありながらも見た目も可愛らしく、日本人にもかなりオススメできるものです。

ウィークエンドマーケットで週末だけ販売の仕事をしている人もいる

独立志向が強いからこそ

よく言われることですが、タイの人たちは本当に独立志向が強いです。企業で昇進して安定を求めることよりは、事業を興して一国一城の主としてやっていくことを望む傾向があります。その理由は私にもいまひとつわかりにくいところではありますが、私が見聞きしていることから考えるに、会社勤めをしている親世代がまだまだ少ないこと、周囲でも独立している人が多く参入障壁が低いことを身をもって知っていること、人間関係にストレスを感じることが苦手だという性分が大きく影響しているように思います。また、最近聞く話では介護(この場合、親だけでなく親戚まで含みます)のため、自由になる時間が欲しいということもあるようです。

独立精神

これらを前提に考えてみると、副業というのは彼らの独立を好む性分や気質を存分に活かせる「働き方の選択肢のひとつ」であり、単に「お金がほしい」「贅沢がしたい」とは少し異なるようにもみえます。もちろん収入増をきっかけに初めているとは思いますが、会社勤めをしながらの副業は「組織で働くのとは異なる自由さ」にメリットを感じているようですし、休みを犠牲にしてでも性に合っているということでしょう。「なかなか昇進を受けてくれない」「お給料をあげて引き留めようとしてるのに、話し合いが難航している」なんていう場合は、副業の有無やその副業にどんな価値観を見出しているかを知ることが、良いヒントになるかもしれません。

こちらの記事どうぞ
日本大好き!タイが親日度調査で世界第3位を獲得 広告代理店の電通が2015年4月に20カ国の地域で「ジャパンブランド調査 2015」を実施。その中の親日度調査でタイが3位を獲得しました。 タイが第三位獲得! 20カ国対象国とは? 今回発表された調査はクールジャパンプロジェクト一環で対象となっ...
海外就職の方が年齢にシビア?希望者は今すぐ検討すべき!... 日本国内の転職ではミドルやシニアも活発。それとは対象に海外の転職市場においては求められる候補者どんどん若くなってきています。これまでは40代後半までOKの求人がボリュームゾーンだったのが最近で30代半ばまでに。今日は海外就職の年齢事情についてお伝えします。 ...
タイの銀行と業務提携進める日本の銀行調査。2011年以降急増!anngleまとめ(下)... 「タイの銀行と業務提携進める日本の銀行調査(上)」でお届けした日タイ銀行間の業務提携。(下)では、第2地銀とその他の銀行をご紹介。 タイの銀行と業務提携した日本の第2地方銀行ほか一覧(判明分) 連載上下2回を通じてみると、緑のマークでお馴染みのカ...
AECって言うけれど…。金融機関の与信残高を見る。「数字で見るタイ事情」その14... 海外から投資を行う際、全額を内部留保で賄える企業は、そう多くはない。銀行など金融機関からの融資を受けるケースがほとんどで、タイをはじめ東南アジアでも例外ではない。そこで注目されるのが、こうした民間金融機関が設定する与信枠。回収ができなくなることを想定して、あら...
ライター
よく見られてる一本
【特集】こうして使う「smart G-BOOK」。スマホ画面にタップするだけ。車載ディスプレイと連動も!適合機種も一挙公開!