\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

スタバのコーヒーの利益率は、屋台のコーヒーよりも低い!?

タイのスタバと屋台コーヒー
タイのスタバと屋台コーヒー

 タイで273店舗を展開する世界的コーヒーチェーンのスターバックス。興味深いのはその利益率だ。スターバックスの純利益率は実は13%しかない。コーヒー一杯当たりの金額を平均130バーツとすると、一杯当たりの利益はたった17バーツにしかならない。

その理由は原価の高さである。ロケーションが良い場所に出店するため賃料が高く、また所得税や店舗装飾費、店の管理費などの費用負担もある。平均して、スターバックスが販売する最初の100杯は賃料の支払いに充てられ、次の200杯がその他経費に充てられる。つまり一日で最低300杯は売らないと赤字になってしまうのである。

タイのスターバックス

ブランド店舗 VS 路上屋台

 一方、屋台のコーヒーはどうだろう。販売価格30バーツに対して原価は約10バーツ、差し引いた利益は20バーツとなり、一杯当たりの利益はスターバックスよりも高い。その最大の要因は経費の少なさである。屋台では賃料・店舗装飾費・税金は0バーツなのだ。また、屋台はもし売れ行きが良くなければ場所を変えて販売できる。経費負担が少ないため1杯目から利益が出始め、サラリーマンの多いビルの前など、良いロケーションで販売することだって可能なのだ。

屋台のコーヒー屋
屋台のコーヒー屋

 ここから見えてくるのは、屋台のコーヒーの方がスターバックスのコーヒーよりも利益率が高く、しかもリスクはより低い、ということである。屋台が負担しているものは、原材料費と、少しの備品代と、そして自身の労働力だけ。しかし最も重要なことは、毎日は働きたくないということなのだが…。

Source:finnomena

こちらの記事どうぞ
バヤリースの人気はタイの有名社長によって復活するかもしれない... タイの日本ブームの火付け役こと、イチタン·グループの最高経営責任者タン氏は2億4000万バーツ(約750,240,000円)で、サニーハーブインターナショナルビバレッジ株式会社(『バヤリース』というオレンジジュースを販売する会社)から製造方法や商標などを買収す...
なぜインドが『これから』なのか? 薬局店長のINDIA訪問記(上)... サワディーカップ! 薬局小僧の飯田です。 バンコクで日本人常駐薬局「BLEZ」を経営して半年が過ぎました。いずれはタイ内外で多店舗展開も考えており、今回、縁があってインドを訪れる機会を得ました。ビジネスチャンスを求めて初めて訪ねたインド。その魅力、懐の深さに...
AECって言うけれど…。ASEAN域内貿易事情。「数字で見るタイ事情」その11... 前回から始まった「AECって言うけれど…。」シリーズ。2回目は、ASEAN域内貿易の「今」をご紹介。意外に強固な域内貿易関係、意外に増えている域内貿易量…。2015年末のAEC誕生で、さらに強固で大きな市場が生まれるということなのか? ASEAN...
LPG不正販売横行か?警察捜索後に調理用消費が激減!... タイにおける主要なエネルギー源の一つとなっているのが、液化石油ガス(LPG)。プロパンやブタンなどを主成分とし、天然ガスよりも熱量が大きいのが特徴。自動車の燃料や家庭向けの調理燃料として供給されているが、この重要なエネルギー源をめぐって販売業者と政府との「イタ...
よく見られてる一本
マジメで通してきた優等生はモテ男に化けるでしょうか…「みつもり(旧おとや)」