Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイのショッピングモールを蘇らせる日本人デザイナー

(C)siamdiscovery
(C)siamdiscovery

2月23日、タイのサイアム ピワット社は、今年の4月~6月にリニューアルオープン予定のサイアムディスカバリー(ショッピングモール)の新コンセプトを発表しました。

新サイアムディスカバリーの外観
新サイアムディスカバリーの外観

日本の「nendo」がデザインを担当

サイアムパラゴンやサイアムセンターなど、有名商業施設の運営・開発する同社。新しいサイアムディスカバリーのデザインは、東京とミラノを拠点に、建築、インテリア、プロダクトなど幅広いデザインを手掛ける「nendo」の佐藤オオキ氏が担当。

これまでの商業施設の様にブランド品だけをメインに揃えるのではなく、「lifestyle」というコンセプトに沿って若者の興味や関心に合わせたサービスを提供する。総投資額は40億バーツ(約120億円)。

(C)siamdiscovery
(C)siamdiscovery

Siam Discovery
Facebookファンページ
公式ホームページ
source:nationmultimedia

あなたにオススメの3本
ミャンマー進出熱が沸騰!JETROセミナーに1000人超! JETROバンコク事務所が主催する「ミャンマーセミナー」が2日開かれ、ミャンマー進出を考える日系企業のオーナーら1000人以上が集まった。 会場となったバンコクのスクムビット・ソイ4-6のLandmark Bangkokには、受付開始の午後1時半すぎから...
米通称代表部のスペシャル301条を知っていますか?汚名返上を目指すタイ... 米国通商代表部(USTR)が毎年公表している「スペシャル301条報告書」をご存知だろうか。スペシャル301条とは、米通商法の知的財産権に対する体外制裁について定めた条項で、そもそもは貿易障壁の現状を米大統領や連邦議会に報告するよう求めた制度。ところが、事実上の...
バイオマス・エタノール原料の現場、タイ東北部のキャッサバ畑を訪ねた... タイ東北部の玄関口、プラーチーンブリー県。一面、見渡す限りの青々としたキャッサバ畑が広がっている。 枯渇が確実な化石燃料の代替エネルギー対策として、タイ政府が進めるバイオマス・エタノール計画。2008年に始まった「15カ年再生可能エネルギー発展計画」は今...
メディア
よく見られてる一本
冠水状態が次第に収まりつつある11月1日の王宮周辺の様子