Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

日本の「マルハン」出資の在カンボジア銀行がミャンマーに店舗開設へ!

Last updated:

日本のパチンコチェーン「マルハン」の出資で、カンボジアの首都プノンペンで商業展開する「マルハンジャパン銀行」が、年内にもミャンマー最大の都市ヤンゴンに一般顧客向けに店舗を構える計画であることが分かった。関係筋が明らかにした。マルハン側もすでに駐在員事務所開設については公表をしている。

ミャンマーは隣国タイから最多の5万人が観光旅行などに訪れるなど今後、経済が活性化すると判断した。マルハンは今年、シンガポールに投資拠点となる「MARUHAN INVESTMENT ASIA PTE」を設立。これまでのカンボジアに加え、ミャンマーとラオスへの進出を検討していた。

カンボジアの「マルハンジャパン銀行」は2008年設立。増資を経て現在の資本金は7400米ドルで、カンボジア国内約30行の商業銀行中、最大規模。マルハンの全額出資。

民主化が進むミャンマーへは、タイを含む複数の国の金融資本が進出を検討している。マルハンではいち早く足場を固めることで、市場を確保したい考えだ。ミャンマーでは、カンボジアと同様、低所得者層向けのマイクロファイナンス事業を展開するものと見られている。

あなたにオススメの3本
知っていましたか?バンコクで「日本近現代史を識る会」開催中!... 夏の参院選が近づいてきた日本では、憲法のあり方や歴史認識をめぐって、喧々諤々、連日、議論が沸騰中。先日も、国会議員でない国政政党の党首の一挙手一投足が注目され、その顛末ばかりに関心が集まったが、同じ教育を受けてきた日本人でありながら「歴史認識」がどうしてここま...
新南ラオス紀行【第2回】-国境検問所を越えて- 東北地方最東部ウボン・ラチャタニ県の玄関口、ウボン国際空港。「国際」とはあるが、国際便の発着はなく、わずかな定期便があるだけの静かな田舎の地方空港。洪水被害から回復したばかりのドン・ムアン空港(バンコク・ドンムアン区)を発ち、LLC(格安航空会社)のノック・エ...
タイ独自のマーケティング戦略”タイランド オンリー”... AEC(ASEAN経済共同体)を迎える2015年、多くの外資ブランドやタイローカルブランドが打ち勝つために、タイ人の習慣や考え方を改めて理解する必要があります。なぜかというと、タイ人は各国の人々と違う独自のスタイルを持っているからです。 タイ独自のマーケ...
メディア
よく見られてる一本
タイの洪水を可愛らしいアニメで解説しているムービー