,

タイのバイクブランド”GPX”が今年1月~4月のバイク販売台数がカワサキ・スズキを抜いて3位に

2017年1月~4月のブランド別のバイク販売台数と前年同期比 ©prachachat
2017年1月~4月のブランド別のバイク販売台数と前年同期比 ©prachachat

オートバイ市場が話題を呼んでいる。

2017年1月~4月までの4か月間累計のオートバイ販売台数が発表されたが、それによると、タイのブランド”GPX”が、カワサキ・スズキを抜いて3位の座についた。

2017年1~4月の4か月間累計でのブランド別オートバイ販売台数と、前年同期・年間累計の販売台数

単位:台数

 ブランド   2017年1~4月  2016年1~4月  2016年年間 
 A.P.HONDA    458,115  436,628 1,371,283
 YAMAHA      87,147    80,889   246,255
 GPX       9,449     9,075     28,451
 SUZUKI       7,932     8,195     23,505
 KAWASAKI       6,124     9,761     23,635
 Vespa       4,550     4,300     12,093
 その他      13,079    10,354     37,891
 総数    586,396  559,202 1,743,113

出所:prachachat thurakitの集計による

GPX、並びに競合ブランドのバイク販売状況

前年(2016年)1月~4月の累計販売実績との比較では、スズキは5位から4位へと順位を上げたものの、販売台数は僅かながら減少し、市場全体の販売総数が増加傾向の中で相反する動きを見せた。

また、前年1月~4月の販売実績が3位であったカワサキは、今年は販売台数が落ち込み5位となった。

今回3位となったGPXは販売台数も増加し、堅調な動きを見せている。“GPX”はタイブランドのオートバイであるが、ユーザーが求めるもの全てに応えたデザイン性や、手に届く価格設定という点が、他のブランドよりも優位に立ち、新たな顧客の開拓に繋がったようだ。

また、現在は、GPXの主力モデルの市場でもある、スポーツタイプのオートバイ市場の動きが顕著である。2015年時点ではごく僅かであったマーケットシェアが、2016年には17%のシェアを占めるまでに拡大した。尚、2016年の市場全体の成長率は、対前年比で4%であった。

Source: prachachat

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by Yuko

Yuko

北海道旭川市生まれ。大学入学を機に大阪へ。東京での商社勤務の後、夫の転勤に帯同する形で5年間のタイ生活を送る。在タイ中は主にタイ語の勉強と日本語ボランティアに勤しむ。本帰国後、タイ語-日本語の翻訳・通訳の仕事やタイ語(タイ文字)を教え始め、タイ語の面白さを改めて実感中。

THAI IPHONE

バンコクで発生した”iPhone狩り強奪殺人”で逮捕された男2人に死刑判決

タイのラインドマーク

やっぱ行っとくべき!世界の人気ランドマークに選ばれたタイ3大観光地