\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイのバイクブランド”GPX”が今年1月~4月のバイク販売台数がカワサキ・スズキを抜いて3位に

2017年1月~4月のブランド別のバイク販売台数と前年同期比 ©prachachat
2017年1月~4月のブランド別のバイク販売台数と前年同期比 ©prachachat
Last updated:

オートバイ市場が話題を呼んでいる。

2017年1月~4月までの4か月間累計のオートバイ販売台数が発表されたが、それによると、タイのブランド”GPX”が、カワサキ・スズキを抜いて3位の座についた。

2017年1~4月の4か月間累計でのブランド別オートバイ販売台数と、前年同期・年間累計の販売台数

単位:台数

 ブランド   2017年1~4月  2016年1~4月  2016年年間 
 A.P.HONDA    458,115  436,628 1,371,283
 YAMAHA      87,147    80,889   246,255
 GPX       9,449     9,075     28,451
 SUZUKI       7,932     8,195     23,505
 KAWASAKI       6,124     9,761     23,635
 Vespa       4,550     4,300     12,093
 その他      13,079    10,354     37,891
 総数    586,396  559,202 1,743,113

出所:prachachat thurakitの集計による

GPX、並びに競合ブランドのバイク販売状況

前年(2016年)1月~4月の累計販売実績との比較では、スズキは5位から4位へと順位を上げたものの、販売台数は僅かながら減少し、市場全体の販売総数が増加傾向の中で相反する動きを見せた。

また、前年1月~4月の販売実績が3位であったカワサキは、今年は販売台数が落ち込み5位となった。

今回3位となったGPXは販売台数も増加し、堅調な動きを見せている。“GPX”はタイブランドのオートバイであるが、ユーザーが求めるもの全てに応えたデザイン性や、手に届く価格設定という点が、他のブランドよりも優位に立ち、新たな顧客の開拓に繋がったようだ。

また、現在は、GPXの主力モデルの市場でもある、スポーツタイプのオートバイ市場の動きが顕著である。2015年時点ではごく僅かであったマーケットシェアが、2016年には17%のシェアを占めるまでに拡大した。尚、2016年の市場全体の成長率は、対前年比で4%であった。

Source: prachachat

こちらの記事どうぞ
遂に乗車拒否問題は緩和されるのか?タイのタクシー規制が猛烈強化。... タイ政府がこの度改めてタクシー及びバイクタクシー業者に向けて運営規制を強化した。 ローカルメディアの情報では、下記13の項目に該当するドライバーについては、「警告後も遵守できなければ逮捕」というこれまでの運用を改め、「違反後即時逮捕」に変更するという内容...
タイ国内の食品流通とタイ人の飲食事情を知る タイ国内における食品の流通と小売市場 タイ国内における食品の流通と小売市場国家経済社会開発委員会(NESDB)によると、タイの卸・小売部門は、2011年の暫定値ではタイの実質GDPの14%を占めており、タイの経済において、流通の占める割合は決して小さくないと...
GSP失効で迫る輸出危機 – 急ピッチで進められるタイ・EU間FTA交渉... 今年5月にタイ・EUのFTA(自由貿易協定)交渉が開始された。タイは2014年末をもってEUの途上国向け特恵関税であるGSP(一般特恵制度)対象国から外れる可能性が高いことから2年以内でのタイ・EU間FTA妥結を目指し、急ピッチで交渉が進められている。早期妥結...
知らないと大損!?給与以外に重要なタイの福利厚生事情... 毎月定期代が支給され、病気になったらどこの病院でも3割負担。そんな日本の当たり前でタイに赴任をすると大損をすることに。今日は就職先を決める前に必ず抑えておきたいタイの福利厚生事情について紹介します。 交通費支給はレア求人? バンコクのスカイトレイン「...
よく見られてる一本
Bangkok Mini Maker Faire
Bangkok Mini Maker Faireに行ってみた