\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

進むタイ・ガソリン市場のバイオエタノール化。販売各社が取扱量を一挙引き上げへ!

ガソリンにバイオエタノールを混合した自動車燃料ガソホールの需要が高まっていることから、タイの石油元売最大手「タイ石油公社(PTT)」は、年末から2013年にかけて販売量を大幅に引き上げる方針だ。精油・石油販売の「バンチャク・ペトロリアム社」も同様に増産・販売を決めており、タイのガソリン市場はバイオエタノール化が一気に進むことになる。

PTTによると、国内に約1300箇所あるガソリンスタンド(GS)のうち、バイオエタノールを20%混合したガソホール「E20」を販売しているのは約400店舗。これを年末までに600店舗に引き上げる。来年以降も継続し、2013年末までに1000店舗にまで拡大する計画だ。

一方、E20非対応車向けに現在、販売しているオクタン価91のガソリン販売は取りやめ、オクタン価95のガソリンを300店舗に限って販売していくという。

同社のE20ガソホールの販売量は現在、月平均1100万リットル。昨年比100%の増加だが、来年以降はさらに需要が拡大すると見ている。背景には、E20対応車の物品税が低く抑えられてきたことや最近の新型車が軒並みE20ガソホールに対応していること、政府が小売価格を通常のガソリンよりも低めに設定していることがある。

また、バンチャク・ペトロリアム社も来年までに、国内約1100店舗のうち800店舗でE20ガソホールを販売していく計画。月の販売量も40~50%増加していくと試算している。

バイオエタノールは、キャッサバやサトウキビなどを原材料にした再生可能な自然エネルギー。大気中の二酸化炭素(CO2)削減効果があるとして、世界各地で量産が進んでいる。

こちらの記事どうぞ
遂に開幕まで一週間を切った「和僑世界大会 in Thailand」... 来る2013年11月22日と23日、バンコクのインペリアルクイーンズパークホテルにて、アジア各地で起業する日本人の親睦団体である「和僑会」の世界大会が開催される。 「和僑世界大会」とは、アジアに広がる「和僑会」の会員が一堂に会して行う恒例総会。 普...
新南ラオス紀行【第9回】-中州と中州を結ぶ巨大な石橋-... 穏やかな水面と急峻な滝という2つの顔を持ったメコンの水。ラオス最大の滝「コーンパペンの滝」が天然の砦となって、船舶の通過を頑ななまでに拒んできたことから、植民地統治下のフランス軍は水路による輸送を諦め、鉄路による統治を画策した。 中州と中州を結ぶ巨大な石...
タイで最も渋滞する交差点で起きた反政府集会の様子... 「国民はけしてタクシンを許さない。」そんな思いで起こった恩赦法案に反対するデモは、先日のシーロムエリアに続いて本日は、バンコク一番のビジネス街とも言われるBTSアソーク駅(スクンビットソイ21)で、正午から再び行われた。 今月2度目となる集会はバンコクのど真...
タイで影響力のある企業ブランドトップ10 世界規模で市場調査を行うIpsosグループが、タイで影響力を持つ企業ブランドトップ10を発表しました。 タイ市場で影響力のあるブランド 10位. DTAC(通信キャリア) 出典:ilt.ft.com 9位. VISA(クレジットカード) ...
メディア
よく見られてる一本
バンコクでなくならない有名料理店
バンコクで無くならない有名料理店10選