Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

よく当たる? チュラロコーン大学構内で果物を売るフルーツおじさんは手相名人!

Last updated:

「おじさん!私の手相を見てもらえますか?」
「はいよ、両手を広げてごらん!」

タイの名門チュラロコーン大学(バンコク)構内の夕暮れ時。一日の授業を終えて家路につく学生たちが、必ずと言っていいほど立ち寄るのが「ルン・クルット(フルーツおじさん)」の屋台。

屋台と言っても、年季の入った水色のベスパの荷台に、大きな銀色のケースが括り付けてあるだけ。中にはこぶし大の氷がまんべんなく敷き詰められ、その上には色とりどりの果物。丁寧にカットされ、袋に詰められている。

メロン、スイカ、パイナップル、マンゴー…。1袋どれでも20バーツ(約50円)。「今日はどれにしようかな?」。一日何時間も机に向かえば小腹も減る。夕飯前のちょっとしたおやつタイムに、学生たちの笑顔がこぼれる。

フルーツおじさんは今年、満60歳を迎えた。33歳のときからチュラロコーン大学構内でカット果物を販売しており、間もなく足かけ27年。15年前までは10バーツだったフルーツも、物価の上昇とともに今では倍になった。

大学では10年ほど前に学内への屋台立ち入りを禁止する規則を制定。このため今では、おじさんの他に構内で物品を売る外部業者は一切ない。だが、おじさんだけは別格。規則の制定前から営業し、学生たちの人気も高いことから現在も別枠で営業が認められている。

フルーツおじさんの人気は、美味しい果物だけにとどまらない。独学したという手相占いで、学生たちの相談に乗るのもおじさんの日課だ。

「おお、君のはとても良い運命線だ。きっと良い出会いがあるよ!」
「おじさん、僕のは?」
「おいおい、ちょっと待ってくれよ!」

おじさんの回りから人が途絶えることはない。その合間に、カット果物が1袋また1袋と売れていく。おじさんは買った、買わないにかかわらず、どんな学生からの依頼にも応えて手相を見ていく。あっという間に2時間あまりが経過していた。

「さあ、今日はもう売り切れ。店じまい。また明日。気をつけて帰るんだよ!」
そう言葉をかけるフルーツおじさんに、学生たちも手を振って「おじさんも、もう転んだりしないでよ。また明日!」と元気に答えていた。

あなたにオススメの3本
タイプレミアリーグ「バンコク・グラス」の選考会にセレッソのコーチが参加... サッカーのタイプレミアリーグ「バンコク・グラスFC」の12歳以下(U-12)のセレクション(選考会)が21日と22日の両日、本拠地のレオ・スタジアム(パトゥムターニー県)で開かれ、小学生ら307人が参加した。今年初めにプレミアリーグからの引退を表明した丸山良明...
えっ?タイ「フォーミュラ1」が元首相の故郷チェンマイで?... 国際自動車連盟 (FIA) が主催する自動車レースの最高峰「フォーミュラ1(F1)」について、招致活動を続けているタイ協議会&展示会事務局(TCEB)が北部チェンマイでの開催を軸に調整をしていることが分かった。 F1は、4輪の1人乗りフォーミュラカーで行...
掘り出し物がたくさんの「BOIフェア 2011」フォトレポート... BOI(タイ投資委員会)主催の投資振興イベントである「BOIフェア」がインパクトアリーナで開催されている。今回で3回目のこのイベントも本来は昨年の11月10日~25日で開催される予定だったが、洪水の影響で一時は無期延期。 一時はどうなる事かと思ったが、2...
メディア
よく見られてる一本
Photo By fuku
タイ音楽を楽しむならApple MusicやSpotifyではなくJOOX