Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

2015年末、野菜を食べるカレー campがタイ初進出!

野菜を食べるカレーcamp
野菜を食べるカレーcamp

カレー専門店チェーン「野菜を食べるカレーcamp」が2015年11月16日、バンコク都心にあるショッピングモール「サイアムパラゴン」にタイ1号店をオープンする。

野菜がメインの新感覚カレー店

「野菜を食べるカレー camp」は2007年創業。2015年7月現在日本国内で22店舗を展開中(直営・フランチャイズ)で、キャンプ場をイメージした個性ある店内と客前でライブ調理するカレー店として人気を誇っている。

出典:Facebook(camp)
出典:Facebook(camp)

タイへの進出はコンサルティング会社マッチング&リレーションシップ・コンサルティングが担当し、数年内にバンコクで3店舗を展開する計画だ。

カレーはタイでイケる!?

タイ国内で展開する日系カレー店といえば2008年にタイ進出を果たしたCoCo壱番屋。同社はタイで老舗の日本料理店「FUJIレストラン」とタッグを組み、巧妙なマーケティング戦略で”日本式カレー”をタイに定着させつつある。

カレーという飲食分野の特徴は何より回転率が良いこと。そして味が明確で分かりやすいことだろう。

ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」は、どこの料理よりも繊細な味を持っている反面、味覚の文化が成長しきっていない途上国では味の深みである”コク”や、ダシにおける”うまみ”という質へのこだわりはなかなか伝わり難い。

それに対し「日本食」であるカレーはとにかく味が明確で、食べるとすぐに”これが日本式カレーか!”というイメージがつきやすい。タイでCoCo壱番屋が成功したのも”分かりやすい味”であることが大きく影響しているように思える。

そんな中で「野菜を食べるカレーcamp」はタイでどのような展開を見せるのか・・・

source:https://www.facebook.com/curry.camp

あなたにオススメの3本
「洪水対策は万全」とタイ政府。9月5-7日に放水実験、日系企業からは驚きの声!... 未曾有の被害となったタイの大洪水から間もなく1年。今年の洪水被害が懸念される中、治水対策を担当する科学技術省のプロードプラソップ・スラッサワディー大臣が、来月上旬にもバンコク都内で大規模な放水実験を行うことを明らかにし、論議を呼んでいる。 プロー...
タイの実質経済成長率の推移。日米中、主要各国とのデータ比較... タイ国内のエコノミストらが予想した今年、2013年のタイのGDP(国内総生産)の平均伸び率は4.6%で、2012年より若干減速するものの、引き続き高い数値となる見通しであることが分かった。 昨年末に実施されたタイ中央銀行や民間金融機関関係者への聞き取り調...
AECって言うけれど、比べてみてどうなの? なんとなく始めた本企画も、こだわっているうちに少しは面白くなって、はや10回目。今回からしばらくは、2015年末に誕生するASEAN経済共同体(AEC)を特集してみることに。「AEC、AECって言うけれど、他の経済共同体と比べてどうなの?」。まずは、こういった...
メディア
よく見られてる一本
お寿司
タイ駐在員が接待で使う有名日本料理店10選+1