Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

日系自動車企業の洪水復旧宣言!第33回 バンコク・インターナショナル・モーターショー2012

Last updated:

タイ・バンコクの巨大イベント施設「IMPACTアリーナ」で27日より、東南アジア最大の自動車展示会である第33回バンコク国際モーターショー2012がスタート。

タイの日系自動車マーケットの今後

タイの自動車業界は今年の生産を前年比37%増の200万台とし、国内販売は39%増の110万台といずれも過去最高を見込むとも言われ、昨年の洪水で生産・販売に大きな打撃を受けた自動車各社にとっては、今回のイベントは消費者へ復旧の意をみせる大事な機会となった。

プジョー408 BMWのブース ランボルギーニ

イベントフロア盛り上げる日系自動車企業

三菱自動車がの世界戦略車「ミラージュ」を出品、被災した工場が再開したばかりのホンダは、昨年11月に投入予定だった「シビック」の新モデルを初披露。またスズキも、先日のTOKYO GALS FESTIVALでも展示された「スイフト」を展示。

HONDAのブース MAZDAのブース MITSUBISHI MIRAGE SUZUKI Swift TOYOTA NS4 日産のプレスカウンター

GM、FORD、ランボルギーニなどの欧米勢の中で、日本からは8社がエントリー、もはや日系企業無しでは成り立たないほどの圧倒的な存在感。閉幕までに170万人の来場が見込まれているバンコクインターナショナルモーターショー。最終日は4月8日入場無料。

週末はちょっと郊外へ脚を運ばせてみてはいかがでしょうか。

イベント会場の雰囲気

会場のパノラマビュー1 会場のパノラマビュー2

会場への行き方:
BTSモーチットよりタクシーで10分〜15分(100B前後)

あなたにオススメの3本
AECの波及効果?バンコク・スクンビット沿線でコンドミニアムの「1棟買い」が増加。買っているのは日系資本!?... 2015年末の発足まで2年半を切ったASEAN経済共同体(AEC)。工場の域内分散や輸送ルートの新たな開拓など企業活動の活性化が期待されているが、ここに来て、こうした動向を見据えた新しい住宅供給の動きがバンコクで加速している。 日本人が多く住むバ...
マレーシアに伝わる工芸品の「地理的表示」を登録。村おこしにも期待膨らむ!... 欧米列強による植民地支配以前から現地に伝わるマレーシア・パハン州の伝統不織布絹織物「Royal Tenun」などを保護するため、マレーシアの知的財産公社(MyIPO)は「Royal Tenun」ほか同国に伝わる伝統工芸品の地理的表示の登録を行う方針を固め手続き...
タイ独自のマーケティング戦略”タイランド オンリー”... AEC(ASEAN経済共同体)を迎える2015年、多くの外資ブランドやタイローカルブランドが打ち勝つために、タイ人の習慣や考え方を改めて理解する必要があります。なぜかというと、タイ人は各国の人々と違う独自のスタイルを持っているからです。 タイ独自のマーケ...
よく見られてる一本
第2回シラチャーフェスティバル
オモシロ企画満載!参加型イベント「第2回シラチャーフェスティバル」開催決定!