東南アジアのラスト・フロンティア ミャンマーの最新事情とその魅力とは・・・

東南アジアのラスト・フロンティア ミャンマー
東南アジアのラスト・フロンティア ミャンマー
ビジネス

2010年11月、アウン・サン・スー・チー氏(国民民主連盟(NLD)議長)の自宅軟禁解除に続き、2011年3月にテイン・セイン大統領と中心とする新政権が誕生した。民主化・国民和解に向けた改革が進められ、今、世界が注目する「ミャンマー連邦共和国」。東南アジアのラスト・フロンティアと呼ばれるミャンマーの最新事情と魅力に迫る。

そもそもミャンマー連邦共和国とは

現在のミャンマー連邦共和国  北部はヒマラヤ山脈の一部、南部はアンダマン海に面し、国境は西部はバングラデシュとインド、北部は中国、東部はタイ、ラオスに接するミャンマー連邦共和国。首都はネーピードー。時差はタイよりマイナス30分となる。【ページ下部マップ参照】

ミャンマーの略歴は、諸部族割拠時代を経て11世紀半ば頃に最初のビルマ族による統一王朝(パガン王朝、1044年~1287年)が成立。その後、タウングー王朝、コンバウン王朝などを経て、1886年に英領インドに編入され、1948年1月4日に独立を果たす。

1998年、全国的な民主化要求デモにより26年間続いた社会主義政権が崩壊したが、国軍がデモを鎮圧するとともに国家法秩序回復評議会(SLORC)を組織し政権を掌握した。なお、1997年にSLORC は国家平和開発評議会(SPDC)に改組している。

2011年3月にテイン・セイン氏が大統領に選出され、新政府が発足、SPDCから政権が委譲された。2012年4月1日に議会補欠選挙が開催され,スー・チー氏率いるNLDが45議席中43議席を獲得している。

 民主化が進むミャンマーに対し、日本政府は2012年4月に経済協力方針を変更し、これまでBHN(基礎的生活分野)に限定していた支援分野の拡大を決めた。欧米諸国もミャンマーが進めている政治・経済改革を評価し、米国は2012年11月に宝石一部品目を除くミャンマー製品の禁輸措置を解除し、EUも2013年4月に武器禁輸措置を除く対ミャンマー経済制裁を解除。東南アジアのラストフロンティアとして、経済発展が期待されている。

最近のミャンマーに対する各国の動き

最近のミャンマーに対する世界の動き

最近のミャンマーに対する世界の動き

 今年1月に麻生太郎副総理兼財務相がミャンマーを訪問している。安倍新政権の閣僚として最初の外国訪問となり、テイン・セイン大統領、ウィン・シェイン財務歳入相と会談。約5000億円に上る延滞債務問題の解消と、新たな円借款500億円の供与を改めて表明し、ミャンマー支援にかける日本政府の強い意志を示した形となった。

また、5月には安倍晋三首相が訪問、テイン・セイン大統領と会談している。首脳会談では、910億円の政府開発援助(ODA)の実施や2000億円の対日債務の解消を約束。「新しい国造りを官民の力を総動員して応援していく」と述べている。

米国は2011年11月にヒラリー・クリントン米国務長官が訪問。約50年ぶりに米国務長官がミャンマーを訪れたことになる。また、その1年後の2012年11月、バラク・オバマ大統領が米大統領として初めてミャンマーを訪問。ヤンゴンにてテイン・セイン大統領と会談し、今後2年間で1億7000万ドル(約138億円)の援助を表明した。1988年の民主化運動弾圧以来、悪化していた両国の関係にとって歴史的な転機となった。

2013年6月には、楊潔篇中国外交統括もミャンマーを訪問している。また、テイン・セイン大統領も積極的に日本や欧米諸国を訪問しており、変革期を迎えたミャンマーに今、世界の注目が集まっている。

ミャンマー連邦共和国の場所

ミャンマー連邦共和国

おすすめ関連記事
星野リゾート トマム
Tokyu Paradise Park
the giving town
yonezawashow10
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
横浜
レオンテクノロジー
traveloka
Chatwork
沖縄観光コンベンションビューロー
ワッペン堂