AECって言うけれど…。加盟各国の結びつき度合いを見る。「数字で見るタイ事情」その12

ビジネス

「AECって言うけれど…。」シリーズ3回目は、ASEAN加盟各国が世界中のどの国と結びつきが強いのかをまとめたデータ。貿易相手国ごとに輸出額と輸入額の和=貿易総額を比較、結びつきの強い順に%で表してある。(出典はいずれもIMF)

ASEAN_tradedata_00

まずは、上図、域内主要4カ国。タイとインドネシアで日本がトップに就いている。自動車や家電製品など日系メーカーが多数進出している両国。当面はこうした流れが続くものと見られるが、マレーシアも含め2位につける中国の動向が気になるところ。

また、マレーシア、インドネシア、シンガポールの3カ国は互いに主要な貿易相手国になっているが、タイだけは日本、中国、欧米、中東とのつながりが強く、マレーシアが6位にようやく顔を出す程度。AEC発足に伴い、こうした構図が変わるのか注目される。

ASEAN_tradedata_01

中国との結びつきが極めて強いのが上図のグループ。地理的な要素も強いのだろうが、今後の発展が期待されるミャンマーは実に3分の1が中国との貿易と知り、驚いた。

タイと、その隣国であるカンボジア、ミャンマー両国との関係が緊密であることもデータから裏付けられた。特にミャンマーは、タイの一大天然ガス供給地。タイの経済発展がミャンマーの発展に通じる経済構造となっている。

ASEAN_tradedata_02

社会主義国のラオスだが、言語が似通うなどタイの「兄弟国」として知られる。タイの通貨バーツもそのまま流通。そうした関係が貿易にも及んでいる。

一方、地下資源が豊富なブルネイ。石油や天然ガスの輸出先が貿易相手国の上位に並んでいる。社会保障が充実し、所得税がないことで知られるが、石油枯渇を見据えた投資業も盛ん。AEC発足を機に、オイルマネーの行方も機になる。

ASEAN_trade (2)

次回は、ASEAN加盟各国における原材料及び部品の現地調達割合比較。

さまざまな統計データを元に、タイと日本、タイと世界を比較するコーナーを新たに設けました。題して「数字で見るタイ事情」。ビジネスや経済ネタだけに限らず、タイ社会のちょっとした話題を提供します。不定期掲載。

おすすめ関連記事
yonezawashow10
the giving town
Chatwork
traveloka
星野リゾート トマム
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
沖縄観光コンベンションビューロー
ワッペン堂
レオンテクノロジー
Tokyu Paradise Park
横浜