Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

AECって言うけれど…加盟各国の結びつき度合いを見る

Last updated:

「AECって言うけれど…。」シリーズ3回目は、ASEAN加盟各国が世界中のどの国と結びつきが強いのかをまとめたデータ。貿易相手国ごとに輸出額と輸入額の和=貿易総額を比較、結びつきの強い順に%で表してある。(出典はいずれもIMF)

ASEAN_tradedata_00

まずは、上図、域内主要4カ国。タイとインドネシアで日本がトップに就いている。自動車や家電製品など日系メーカーが多数進出している両国。当面はこうした流れが続くものと見られるが、マレーシアも含め2位につける中国の動向が気になるところ。

また、マレーシア、インドネシア、シンガポールの3カ国は互いに主要な貿易相手国になっているが、タイだけは日本、中国、欧米、中東とのつながりが強く、マレーシアが6位にようやく顔を出す程度。AEC発足に伴い、こうした構図が変わるのか注目される。

ASEAN_tradedata_01

中国との結びつきが極めて強いのが上図のグループ。地理的な要素も強いのだろうが、今後の発展が期待されるミャンマーは実に3分の1が中国との貿易と知り、驚いた。

タイと、その隣国であるカンボジア、ミャンマー両国との関係が緊密であることもデータから裏付けられた。特にミャンマーは、タイの一大天然ガス供給地。タイの経済発展がミャンマーの発展に通じる経済構造となっている。

ASEAN_tradedata_02

社会主義国のラオスだが、言語が似通うなどタイの「兄弟国」として知られる。タイの通貨バーツもそのまま流通。そうした関係が貿易にも及んでいる。

一方、地下資源が豊富なブルネイ。石油や天然ガスの輸出先が貿易相手国の上位に並んでいる。社会保障が充実し、所得税がないことで知られるが、石油枯渇を見据えた投資業も盛ん。AEC発足を機に、オイルマネーの行方も機になる。

ASEAN_trade (2)

次回は、ASEAN加盟各国における原材料及び部品の現地調達割合比較。

さまざまな統計データを元に、タイと日本、タイと世界を比較するコーナーを新たに設けました。題して「数字で見るタイ事情」。ビジネスや経済ネタだけに限らず、タイ社会のちょっとした話題を提供します。不定期掲載。

あなたにオススメの3本
New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。第11回-フレッシュな酸と甘さの絶妙なバランス... 【Sakura Rose Syrah】(サクラ・ロゼ・シラー)生産地:カオヤイ 鮮やかなピンク色の、ちょっとお洒落なロゼ。カオヤイのワイナリー「GranMonte(グランモンテ)」が贈りだした自信ある1本。 シラー100%でつくるロゼは難しいとされ...
バーンラック幼稚園の佐藤正喜さんが在タイ30年。記念の「語る会」が開催!... バンコクのスクンビットソイ40にある緑の幼稚園・バーンラック幼稚園で事務局長を務める佐藤正喜さん(63)の在タイ30年を祝う講演会「語る会」が14日、サトーンのBangkok Clubで開かれた。日本人会関係者や会社経営者ら多くの人々が集まった。 ...
タイ商務省直営の安売り店、2000店設置も目標達成できずブーイング... タイ商務省の肝いりで始まった直営安売り店「トゥークジャイ」プロジェクト。開設累積店舗数がこのほど2000店を達成したが、目標としていた「5月末までの1万店突破」にほど遠い現状に、開店待ちの申込者からはブーイングの嵐が起こっている。 トゥークジャイは、既存...
メディア
よく見られてる一本
72回目-バンバンバンコク
第72回 タイでオーダーメイドスーツを作ろ