AECって言うけれど…ASEAN域内貿易事情

Last updated:

前回から始まった「AECって言うけれど…。」シリーズ。2回目は、ASEAN域内貿易の「今」をご紹介。意外に強固な域内貿易関係、意外に増えている域内貿易量…。2015年末のAEC誕生で、さらに強固で大きな市場が生まれるということなのか?

trade_graph01

ASEAN加盟10カ国が2011年中に、世界中のどこの国や地域と貿易を行ったかを金額ベースの割合で示したのか上図(速報値)。

輸出入ともに、ASEAN域内での貿易が4分の1を占め、AEC発足以前から強固な域内関係にあることが改めて浮き彫りとなった。これに次ぐ第2の貿易相手国グループが、中国、日本、EU。結びつきを強めようとする中国の今後が気になるところ。

trade_graph02

では、域内の貿易規模は果たしてどう推移してきたのか。それを示したのが上図。2000年から2011年の12年間にASEAN域内の貿易量は実に3倍強に増加。着実に域内経済も成長を続けてきたことが分かる。

注目されるのは、常に輸出が輸入を上回ってきたという点。貿易収支の黒字計上は、製造業を中心に域内産業の活性化を裏付ける資料ともなっており、こうした点からも今後の成長が期待できる。

ASEAN2

域内貿易が活発なASEAN。次回は加盟国ごとに、どの国とどの国の結びつきが強いのかを考察する。

さまざまな統計データを元に、タイと日本、タイと世界を比較するコーナーを新たに設けました。題して「数字で見るタイ事情」。ビジネスや経済ネタだけに限らず、タイ社会のちょっとした話題を提供します。不定期掲載。

あなたにオススメの3本
バーンラック幼稚園の佐藤正喜さんが在タイ30年。記念の「語る会」が開催!... バンコクのスクンビットソイ40にある緑の幼稚園・バーンラック幼稚園で事務局長を務める佐藤正喜さん(63)の在タイ30年を祝う講演会「語る会」が14日、サトーンのBangkok Clubで開かれた。日本人会関係者や会社経営者ら多くの人々が集まった。 ...
コピーiPhoneも即アウト!タイ政府が海賊品の持ち込み禁止を厳格化へ!... 香港などと並び模倣品(海賊品)の「聖地」などとありがたくない汚名を着せられ続けてきたタイ。こうした負のイメージを払拭しようと、タイ政府は知的財産権の保護強化に取り組んでいるが、このほど商務省知財局は航空機などで模倣品を個人が持ち込んだケースであっても、コピーと...
2016年3月の訪日タイ人数は約10万人 JNTO(日本政府観光局)の情報によると、2016年3月に日本を訪れた外国人は200万9,500人となり、初となる単月200万人を超えを果たした。(前年同月比31.7%増) JNTOのPDFより 東南アジアはタイがダントツ! 東南アジアではタイが9...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
122回目-バンバンバンコク
第122回 タイの屋台めぐり