大洪水の写真なども展示-「BOI FAIR2011」が2日間延期

タイカルチャー

タイ投資委員会(BOI)が今月5日からバンコク郊外・ノンタブリ県のイベント施設「IMPACT」で開催している環境産業展「BOI FAIR2011」。当初見込みより入場者が好調だったことから日程を2日間延期し、この週末を含む22日までの開催となった。入場無料。

「Going Creen for the Future」をメインテーマとした今回のフェア。産業の発展と環境問題との共存をどのように進めながら経済の底上げを図っていくのか、各種シンポジウムが開かれているほか、トヨタ、ホンダ、日立といった参加企業も環境に配慮した新技術のアピールなどに務めている。

昨年、タイ中部を襲った大洪水の模様を写した大型パネルも展示されている。胸まで水に浸かりながら懸命に救助を訴える住民、支援物資を待つ人々、体調を崩す高齢者…。入場者らは真剣に、改めて惨事の実態に見入っていた。

おすすめ関連記事
yonezawashow10
レオンテクノロジー
Tokyu Paradise Park
ワッペン堂
横浜
the giving town
traveloka
沖縄観光コンベンションビューロー
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
星野リゾート トマム
Chatwork