\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

スクムビット周辺の現代アートギャラリー3選

スクンビット周辺のアートギャラリー
スクンビット周辺のアートギャラリー
Last updated:

マムアンちゃんで有名なタム君が日本で個展をしたり、タイのバンドがサマーソニックに出演したりと何かと注目を浴びているタイカルチャー。今回はそんなタイアーティストの作品と出会えるスクムビット周辺のアートギャラリーをご紹介します。

HOF ART SPACE

まず外せないのはプラカノン駅スクムビット69-71にあるHOF ART SPACE。

IMG_1530

こちらは二階建てで展示スペースも広く、様々な現代アーティストの作品を一堂に見ることができます。オープニングパーティーなどではパフォーマンスが行われたり一般客にもアルコールがふるまわれたりと、ふらりと立ち寄るだけでもかなり楽しめそう。敷地内にはアーティストレジデンスを併設しておりそちらではアーティストが住み込みで作品生活をしているそうで、作品作りの現場に出会える可能性も。

トイレまでアーティスティックなアーティストレジデンス

Ardel’s third place gallery

次にご紹介するのはトンロー駅スクムビット63にあるArdel’s third place gallery

筆者が訪れた時にはフランスのフォトグラフィーアーティスト、Philippe Moisan氏の写真展が開催されていました。個性的な外観のビルですが、複数のショップが入っているので一瞬見逃してしまいそうです。しかし展示スペースは思いのほか広く、ゆったりと鑑賞することができます。雰囲気も良く、こちらは穴場といえそう。

TOOT YUNG ART CENTER

最後に12/6エカマイソイ2、TOOT YUNG ART CENTERをご紹介します。

こちらはカフェやスタジオが併設されており、ワークショップなども開催されているようです。筆者が訪れた時はタイのアーティストMontri Toemsombat氏の展示が行われていました。展示スペースはあまり広くないですが椅子が設置してありじっくりと鑑賞できます。またクリエイターによるグッズやアート書籍などの販売もされており、見ているだけでも楽しめます。

バンコクの喧騒に疲れたらそっと立ち寄ってみてください。バンコクのまた違った今の姿が垣間見れますよ。

こちらの記事どうぞ
タイ国内の様々なクリエイターの広告作品が集まるサイト「portfolios*net」... 時代とともにバンコクのローカル企業もシステム化し、厳重な労働時間の中でモノづくりをしなくてはならない時代になった。個性が強いクリエイター人材は早くして会社を後にし、フリーランスとなる傾向が数年前から強くなってきているように思える。 そんなタイのクリエイタ...
音楽の次はアート!北海道在住4名のイラストレーターと画家による「ILL POP COMMUNICATION」... 過日開かれたNaohito UchiyamaのLive in Bangkokに続き、北海道在住のイラストレーターや画家らの作品を集めた「ILL POP COMMUNICATION」という展示会が11日からシーロム・ソイ19のARTERY POST-MODERN...
タイの日常風景がやけにリアルに映った、ムエタイをテーマにしたショートムービー... 3月28日に公開されたばかりのムエタイをテーマにしたバンコクのプロモーションビデオ、About Bangkok。若干フィナーレが微妙ではあるが、重みのある音楽と、迫力のあるHD高解像度の映像がかなりの臨場感を醸し出しています。 よく見る警察 モ...
お茶で打ち上げるコムローイ!タイ伊藤園のピタゴラスイッチ... タイの国民的行事「ロイクラトン祭り」に先立ち、「おーいお茶」シリーズなどで有名な伊藤園(ITO EN Thailand)がピタゴラスイッチでコムローイを打ち上げるユニークなオンラインCMが公開されました。映像タイトルは「Loykratong Special」。...
よく見られてる一本
タイのマクドナルドにはタイ料理がある