第64回札幌雪まつり「国際雪像コンクール」でタイチームが見事優勝!

北海道の札幌・大通公園などを会場に開催中の「第64回さっぽろ雪まつり」。イベントの一つ「第40回 国際雪像コンクール」で、タイからの出場チームが2010年以来の優勝に輝いた。(速報)

sf_003

「The Artist From the Wild/自然からの芸術家」がテーマ。いずれも彫刻家のKusol Bunkobsongserm、Kritsana Wongtes、Amnoaysak Srisukの3氏の作品。ゾウが長い鼻で絵筆を持ち、絵を描く姿を描写した。ゾウはタイ王国の象徴。ゾウの神秘的な能力をタイ王国の潜在的な国力に掛け合わせた。

sf_002

コンクールに参加したのは、インドネシア、シンガポール、スウェーデン、タイ、台湾、大田広域市(大韓民国)、ニュージーランド、ハワイ、米ポートランド市、マレーシア、フィンランドの計11カ国。昨年は香港チームの「飛躍する龍」が優勝した。今年の2位以下は順に、フィンランドチームのキリギリスを模した「Can you hear the trill?/鳴き声がきこえますか?」、インドネシアチームの蜂のダンスを表現した「BALINESE DANCER/バリ島のダンサー」など。

sf_001

雪とは無縁の南国タイだが、国際雪像コンクールへの出場は今回も含め17回目。2010年大会では「クライトーン」、2009年大会では「ガルーダとナーガ」、2008年大会では「家族」をそれぞれテーマに優勝している。

sf_004

64回目となる今回の「札幌雪まつり」。タイのプミポン国王が日本を訪れて50年目、在タイ日本人会100周年という“記念大会”の中での快挙。優勝したタイチームのメンバーは「とてもドキドキしていてうれしいです。札幌に来てとても良い経験になりました。札幌が大好きです。ありがとうございました。」と喜びのコメントを述べていた。

sf_omake

タイ政府観光省ファンページより引用:
http://bit.ly/sf_2013at

あなたにオススメの3本
世界に魅せる伝統日本文化の演出!いけばな「草月流」がタイの母の日に捧げた巨大な竹アート... 8月2日からタイ母の日8月12日翌日までの期間、いけばなの「草月流」がアジアで初めてとなる大規模な展示会を開催中。バンコクのショッピングモール、エンポリアムデパートにてー 日本のアート文化「いけばな」草月流の海外展開 「草月流」は日本の近代華道とも言わ...
タイで活動する日本人コスプレイヤー「鷹村アオイ」... 先日、台湾のローカルメディアで話題になっていたタイのシラチャーに住むコスプレイヤー「鷹村アオイ」さんに突撃インタビューを決行。 美容とコスプレーヤーを全面にタイで活動する彼女の魅力とはいかに・・・ Q.今回は、台湾メディアに断りなく自分の写真が載せ...
国境を越えたクリエイティブ「GRAPHIC PASSPORT」バンコクで開催... 常に進化し続ける街東京から世界30カ国へ向けて出版されているクリエイティブ雑誌「+81」。 その「+81」が、世界の様々なジャンルのトップ・クリエイターを招いてカンファレンス、ワークショップ、エキジビションなどのプログラムを展開するクリエイティブイベント...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
タイでも人気のLINE
LINEとタイと中国の関係