人気の絶えないタイ最大級のローカルマーケット最新レポ!

バンコク最大のローカルマーケット「チャトチャック」
バンコク最大のローカルマーケット「チャトチャック」

旅行客にもタイ人にも根強い人気の巨大マーケット

タイのチャトチャックのウィークエンドマーケットと言えば、バンコク観光客が必ず訪れると言っても過言ではない目玉スポット。設立から30年以上経った今もその熱気はとどまることを知らず、むしろ増していく一方ですが、今回はそんなチャトチャックの新しい楽しみ方をご紹介します。

マーケットにたどり着くと、1万5千軒以上といわれる店舗が所狭しとひしめいています。中にはエアコンのある店もあるけれど、基本はせまーい路地の中で蒸し風呂状態、だらだらと滴り落ちる汗をふきふき人を掻き分けながら進んでいきます。

IMG_1535

個性あるスマホケースの山

今一番マーケットで売られているものと言えば筆者が初めてバンコクを訪れた8年前には存在しなかったスマホケースでしょうか。100B前後から、タイの雑貨らしいキッチュなスマホケースをゲットすることができます。タイらしい民族モチーフからヒッピーなバックパッカーが好みそうなサイケデリック柄まで選びたい放題。

他によく目にするのは、手作り風オーガニック系のスパプロダクト。デパートなどで売っている有名ブランドとは違いますが、おしゃれなパッケージがお土産に喜ばれそう。お肌への効果は買って試してみるしかありませんが、見た目だけなら十分なクオリティ。

タイならではのアートなおみやげコーナー

お土産に良さそうなモン族の小物屋やかごバックの店、ペット用品からペットそのもの(鳥やら猫やら)までざっと見つくして疲れ果てたころ、マーケットの一番奥にひときわゆるやかな風が吹くエリアが目につきます。そうそこはアート作品売り場。タイの現代アーティストがスペースを借りて自分の作品を売っていたりするのです。作品はいずれもレベルが高く、アートギャラリーさながらの陳列。

IMG_1536IMG_1537

このエリアにはすこしお値段の張るカフェやバーのような店もあるので、のんびりビールを飲みながらアート鑑賞にひたるのはいかがでしょうか?もしかしたら未来のスーパースターの作品を先物買いできるかも。

IMG_1538

あなたにオススメの3本
バンコクの三大寺院の一つ「ワット・アルン」の修復工事が終了... 今月16日、バンコク三大寺院の1つで三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台にもなっているお寺「ワット・アルン」の修復工事が終了した。 修復作業は無事終了したが、ネットでは一部批判の声 雨などの影響で風化が進んでいた「ワット・アルン ラーチャウォラーラーム」は...
水面下の都市、バンコク「Let’t Panic」が本気でふざけている... 現在開催中のMBK向かい、現代美術館BACCで開催中のLet't Panick! のオープニングに行ってきました。 ゲストキュレーションは、Design for Disasters.各分野の若手アーティストや大学講師などから構成され、テーマはなんと「水面...
メタモルフォーゼ -Sin City(罪の街)から新シティに変貌を遂げるパタヤビーチ-... タイのパタヤビーチ。バンコクから一番近いビーチリゾートの変貌が凄まじい。 毎週末、バンコクとパタヤをつなぐ高速道路は、大都会バンコクの喧騒から逃れて週末をビーチでのんびり過ごそうというバンコクの富裕層たちの高級車と、今や世界の経済大国となったロシアや中国...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
世界で一番長い首都名称はバンコク
世界で一番長い首都名はタイのバンコク