\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

義理堅いロン 〜 タイノワンコ その5

Last updated:

私がチェンマイに行くといつも泊まるホテルの近くに、ロンという黒くて痩せたオスの野良犬がいる。牛乳が好きなロン(その2参照)と同じ名前の犬で、このチェンマイのロンもいつもセブンイレブンの近くでゴロゴロしている。

thainowanko05 (3)

私はバンコクに住んでいるので、ロンと顔を合わせる機会はそんなに多くはない。年に数回ほど。それなのにロンは私のことを覚えていて、特に眠たかったりしなければ、私を見ると尻尾を振って近付いてくる。数ヶ月に一度しか現れない私にロンが懐いているのには、彼が人懐こいことのほかに、もう一つ別の理由があるような気がしている。

thainowanko05 (4)

あるとき、ロンは私の目の前でバイクと接触した。道の向こうをトコトコ歩いていたロンが、気が付いたらひっくり返っていた。ロンは立とうとするけれど、後ろ足に力が入らず立つことができない。私はロンが大怪我をしているかもしれないと思い、病院に連れて行こうと考えた。でも、抱き上げようとすると、ロンはキャン!と鳴いて嫌がった。痛いらしい。

しかたがないから、ロンを何とか歩道の端に移して、すぐそばに食べるものと水を置いた。周りの商店や食堂の人たちに連絡先を渡して、私はすぐそこのホテルに戻った。ロンは動くことができなかった。でも、骨が折れたりはしていないみたいだった。

それから数日、私は日に何度かロンの横たわっているところに行って、食べものと水を与えて様子を見た。近所の人たちも気にして見ていてくれていた。怪我は大したものではなかったらしく、2日もするとロンはヨタヨタと歩き始めた。また事故に遭ったりしないように、私はゆっくり歩を進めるロンの後ろについて一緒に歩いた。

thainowanko05 (1)

その件以来、ロンは私を見ると尻尾を振ってついてくるようになった。チェンマイに来る機会がなく、半年以上姿を見せなかったこともあるけれど、ロンの態度は変わらなかった。ロンがほんとうにあのときのことを覚えているのか、どんな風に思っているのか、それは私にはわからない。だけど、こういう経験はほかにもある。もしかしたら、犬は意外と義理堅い動物なのかもしれない。

こちらの記事どうぞ
犬のいる社会 〜 タイノワンコ その4 以前、郊外の人気のない大きな空き地で、群れで行動している野犬のグループを見たことがある。その犬たちを見て、人のいないところで野生化し、動物本来の姿に戻ったような、そんな印象を受けた。でも、犬の場合、それが自然な状態であるとは限らない。 太古の時...
自動車修理工場の犬たち 〜 タイノワンコ その8 先週滞在した北部スコータイでのこと。ごはんを食べに行こうと歩いていたら、小さな黒い犬と出会った。大きなトラックの下でくつろいでたその犬は、私が覗き込むと警戒することもなくトラックの下から出てきて、私にまとわりついた。しばらくそこで遊んでいると、そのうちにその犬...
大怪我をした犬 〜 タイノワンコ その10 今年の初め頃に、バンコクのある路地の奥で、一頭の犬が交通事故に遭った。ぶつけたのが誰なのか、車なのかバイクなのか、何もわからない。腰と片方の足を折った状態で、じっとうずくまっていたらしい。近隣の人の話だと、その犬は何日も前からそこでうずくまっていたということだ...
服を着た野良犬たち 〜 タイノワンコ その3 ひさしぶりに東京に帰って来たら、季節外れの冷え込みもあって、4月だというのにずいぶんと寒い。普段タイにいるときと違って、いろいろと着込まなくてはいけない。一年中暑いタイにも比較的涼しい時期はあって、特に北部では意外と冷え込むこともある。そんな乾季の北タイでは、...
よく見られてる一本
THAILAND - In the Garden of the Dragon
“微笑みの国の光と影” In the Garden of the Dragon