犬のいる社会 〜 タイノワンコ その4

Last updated:

以前、郊外の人気のない大きな空き地で、群れで行動している野犬のグループを見たことがある。その犬たちを見て、人のいないところで野生化し、動物本来の姿に戻ったような、そんな印象を受けた。でも、犬の場合、それが自然な状態であるとは限らない。

thainowanko04 (2)

太古の時代、人は、野営の際に、近くに集まる犬たちに食べ残しを与えたという。そうして犬たちは人の近くに居着き、人は夜間に大型動物の脅威から逃れ、ぐっすり眠ることができるようになった。人と犬との付き合いは、そういう偶然から始まったらしい。それから数万年、犬は人との共存を前提に進化してきた。犬には、野山や大自然の中で暮らすよりも、人里で人と共に暮らすほうが自然なのかもしれない。

thainowanko04 (3)

現代の犬たちは、人と街が寝静まるあいだはどこにいるのだろう。少し歩いて見るとよくわかる。夜遅くまでやっている路上の屋台や、朝早くから動いている生鮮市場。住宅街では、マンションやアパートの警備員の詰所の近くで寝そべっていたりする。コンビニエンスストアーの前でもよく見かける。犬たちは、人のいない静かなところにはあまりいない。たいがい人の近くにいる。

人の暮らしのすぐ横に犬がいる社会。捕獲、収容、処分などで街から犬を排除する国や地域が多い中、タイ国内ではたいがいどこに行っても犬がいる。そんなタイ社会の自然な姿には、ほかの国にはない魅力を感じる。

あなたにオススメの3本
足を失った犬 〜 タイノワンコ その9 スコータイ市街から世界遺産に登録されている遺跡公園まで、まっすぐ伸びる道がある。この道沿いのある場所に、後ろ足の一本ない犬がいる。一本しかない後ろ足を軸にして上下にピョンピョンと跳ねるようにして駆けるので、よく目立つ。 私がサンボンアシに興味を...
大怪我をした犬 〜 タイノワンコ その10 今年の初め頃に、バンコクのある路地の奥で、一頭の犬が交通事故に遭った。ぶつけたのが誰なのか、車なのかバイクなのか、何もわからない。腰と片方の足を折った状態で、じっとうずくまっていたらしい。近隣の人の話だと、その犬は何日も前からそこでうずくまっていたということだ...
義理堅いロン 〜 タイノワンコ その5 私がチェンマイに行くといつも泊まるホテルの近くに、ロンという黒くて痩せたオスの野良犬がいる。牛乳が好きなロン(その2参照)と同じ名前の犬で、このチェンマイのロンもいつもセブンイレブンの近くでゴロゴロしている。 私はバンコクに住んでいるので、ロンと...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
112回目-バンバンバンコク
第112回 オススメタイ料理!