服を着た野良犬たち 〜 タイノワンコ その3

Last updated:

ひさしぶりに東京に帰って来たら、季節外れの冷え込みもあって、4月だというのにずいぶんと寒い。普段タイにいるときと違って、いろいろと着込まなくてはいけない。一年中暑いタイにも比較的涼しい時期はあって、特に北部では意外と冷え込むこともある。そんな乾季の北タイでは、衣服を身に着けた野良犬を目にすることが頻繁にある。

thaiwanko03 (3)

飼い主のいない野良犬に服を着せているのは、ほとんどの場合近隣の住人である。彼らは決して犬たちにオシャレを施しているわけではない。防寒のためだ。自分たちが長袖を着たり何かを羽織ったりする季節には、路上で暮らす犬たちもいつもの通りの裸ん坊では寒いのではないかと考えるのだろう。その考えは間違えていないと思う。北の地でソリを引くこともある犬だが、熱帯の犬にはそんなことはできない。

thaiwanko03 (4)

タイの犬は熱帯生まれで、寒さを知らない。乾季の冷える時間帯には、犬たちは寒さを感じていると思う。気温が25度あたりを下回ると、犬たちは体を丸め始める。私が以前めんどうを見ていた犬は、20度を下回るとガタガタ震えてかわいそうだった。たしかに人間もいつもの真夏の装いでは、25度や20度となれば肌寒くも感じる。乾季に服を着せてもらうのは、犬たちにはきっとありがたいことなのだと思う。

thaiwanko03 (1)

それにしても、この犬たちに着せる服はどこから持ってきているのだろう。よく見ると犬用の服ではない場合もある。子供用のシャツであったり、何かの布を縫い付けたものであることもある。どちらにしろ、路上で暮らす野良犬たちのためにわざわざ衣服を用意する人がいるということだ。

あなたにオススメの3本
タイの人たちと犬 〜 タイノワンコ その1 先日、タイ・サムットソンクラーム県のメークローンというところに行ってきた。国鉄メークローン線の終点で、線路上の生鮮市場が列車がやってくるたびに、いちいち片付けられる様でよく知られるところだ。 静かな駅構内の手前には踏切があり、そのさらに手前の一帯に市場が...
自動車修理工場の犬たち 〜 タイノワンコ その8 先週滞在した北部スコータイでのこと。ごはんを食べに行こうと歩いていたら、小さな黒い犬と出会った。大きなトラックの下でくつろいでたその犬は、私が覗き込むと警戒することもなくトラックの下から出てきて、私にまとわりついた。しばらくそこで遊んでいると、そのうちにその犬...
犬のいる社会 〜 タイノワンコ その4 以前、郊外の人気のない大きな空き地で、群れで行動している野犬のグループを見たことがある。その犬たちを見て、人のいないところで野生化し、動物本来の姿に戻ったような、そんな印象を受けた。でも、犬の場合、それが自然な状態であるとは限らない。 太古の時...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
意外なマッチング?生のゴウヤ(ニガウリ)が入っているタイの屋台ラーメン