, ,

「サッカーを教えに来てくれてありがとう」“タイのメッシ”から日本へ

タイのサッカーと日本の関係
タイのサッカーと日本の関係

試合後に日本代表へのメッセージを投稿

2018年のロシアワールドカップのアジア最終予選、タイ対日本の一戦にバンコクは沸いた。結果は2対0で日本の完勝に終わり、タイはアジアトップレベルとの差を見せつけられた。試合後には「タイのメッシ」ことチャナーティップ・ソンクラシーン選手が、自身のフェイスブックに投稿。そこには、日本代表へ向けたメッセージが綴られていた。

【チャナーティップ・ソンクラシーン選手の投稿】
เก็บประสบการณ์ เพื่อพัฒนา ขอบคุณที่มาสอนฟุตบอลพวกเรา แล้ววันนึงพวกเราจะชนะพวกคุณ
「発展のための経験を得られた。私たちにサッカーを教えに来てくれてありがとう。そしていつか、わたしたちはあなたたちに勝つ。」

日本戦後のチャナーティップ選手の投稿
日本戦後のチャナーティップ選手の投稿

高かった日本の壁、そして挑戦は続く…

急成長で2次予選を首位通過し、初めて最終予選で日本代表と対戦したタイ。だが、5大会連続でワールドカップに出場している「アジアの巨人」日本の壁はまだまだ高いものだった。

チャナーティップ選手が言うように、アジアのトップレベルを体感した経験は必ず今後につながるはず。ワールドカップアジア最終予選は、まだ8試合残っている。ワールドカップにどこまで近づけるか、タイの挑戦は続く。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by 本多辰成

本多辰成

バンコク在住ライター。タイサッカーやタイでプレーする日本人サッカー選手を中心に取材、執筆活動を展開。サッカー専門誌『サッカー小僧』(白夜書房)にて、タイサッカーコラム「微笑みの国にて。」を連載中。

anngleのページ内にコメントを残す

EastPattayaの最初の家

微笑みの国タイ、そして人情の村イーストパタヤ

149回目 ラムカムヘンに行ってきた

第149回 ラムカムヘンに行ってみた