, ,

日本人2選手も参戦!セパタクローのプリンス杯がバンコクで開催中

世界最高レベルの熱戦展開中!

タイが世界最強を誇り、国技の一つでもあるセパタクロー。足で行うバレーボールのような競技で、日本での知名度も徐々に上がってきている。

タイでは世界唯一ともいえる本格的なプロリーグが行われているが、現在7月12日から17日までの日程で、バンコクで「プリンスカップ」と呼ばれるカップ戦が開催されている。

男女それぞれ、さまざまなカテゴリーに分かれて争われる大会で、タイ代表のトップ選手たちも参戦。世界最高レベルの戦いが行われている。

大会に参戦している日本代表の寺島選手(左)と玉置選手
大会に参戦している日本代表の寺島選手(左)と玉置選手

タイで武者修行する日本代表2選手

同大会には寺島武志、玉置大嗣の日本代表2選手も参戦中。それぞれPort Authority of ThailandとPRE CADET ACADEMYというチームの一員として出場している。

アタッカーの寺島選手は毎年タイリーグにも参戦している日本のエース、サーバーで23歳と若い玉置選手も毎年タイで武者修行をしながらタイリーグでのプレーを目指して戦っている。

大会はバンコク郊外のショッピングモール「ファッションアイランド」内のコートで開催されている。バンコク在住の方は、世界最高峰のアクロバティックなプレーと日本代表2選手の応援にぜひ足を運んでみてほしい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by 本多辰成

本多辰成

バンコク在住ライター。タイサッカーやタイでプレーする日本人サッカー選手を中心に取材、執筆活動を展開。サッカー専門誌『サッカー小僧』(白夜書房)にて、タイサッカーコラム「微笑みの国にて。」を連載中。

anngleのページ内にコメントを残す