, ,

ついに誕生したタイ人Jリーガー!今季Jリーグではタイ人選手に注目

2017年は2人のタイ人がJリーグでプレー

昨年12月、「タイのメッシ」ことチャナーティップ・ソンクラシーン(ムアントン・ユナイテッド)が、今年7月から1年半の契約でJ1のコンサドーレ札幌へ移籍することが発表された。待望されていた「初のタイ人Jリーガー」誕生の瞬間だった。

さらに、年が明けると、チョンブリーFCの18歳の若手フォワード、シティチョーク・パソ選手がJ3の鹿児島ユナイテッドに加入。こちらはすでにチームに合流しており、先日行われた「DAZN ニューイヤーカップ」でJリーグデビューを飾った。

一気に2人のタイ人Jリーガーが誕生した今季。2017シーズンのJリーグでは、タイ人選手たちの活躍に注目だ!

【シティチョーク・パソ選手(鹿児島ユナイテッド)のデビュー戦の映像】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Written by 本多辰成

本多辰成

バンコク在住ライター。タイサッカーやタイでプレーする日本人サッカー選手を中心に取材、執筆活動を展開。サッカー専門誌『サッカー小僧』(白夜書房)にて、タイサッカーコラム「微笑みの国にて。」を連載中。

anngleのページ内にコメントを残す