ANNGLE Deign 2019 β - インスタフォローもよろしく!!
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

ついに誕生したタイ人Jリーガー!今季Jリーグではタイ人選手に注目

2017年は2人のタイ人がJリーグでプレー

昨年12月、「タイのメッシ」ことチャナーティップ・ソンクラシーン(ムアントン・ユナイテッド)が、今年7月から1年半の契約でJ1のコンサドーレ札幌へ移籍することが発表された。待望されていた「初のタイ人Jリーガー」誕生の瞬間だった。

さらに、年が明けると、チョンブリーFCの18歳の若手フォワード、シティチョーク・パソ選手がJ3の鹿児島ユナイテッドに加入。こちらはすでにチームに合流しており、先日行われた「DAZN ニューイヤーカップ」でJリーグデビューを飾った。

一気に2人のタイ人Jリーガーが誕生した今季。2017シーズンのJリーグでは、タイ人選手たちの活躍に注目だ!

【シティチョーク・パソ選手(鹿児島ユナイテッド)のデビュー戦の映像】

[fbvideo link=”https://www.facebook.com/jleagueofficial.Thai/videos/1333364073420775/” width=”500″ height=”400″ onlyvideo=”1″]

おすすめ関連記事
よく見られてる一本
タイの空港で高性能スキャン導入
タイ関税局、関税逃れ対策として空港に高性能スキャン装置を導入