タイのブリーラム・ユナイテッドが2連覇!トヨタ・メコンクラブ選手権

ブリラムユナイテッド

ラオスのランサン・ユナイテッドを逆転で撃破!

サッカーのメコンエリア(タイ、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス)のクラブ王者を決めるトヨタ・メコンクラブチャンピオンシップ2016の決勝が1月4日と8日に行われ、タイ代表のブリーラム・ユナイテッドが2大会連続となる優勝を決めた。

決勝戦の相手はラオス王者のランサン・ユナイテッド。ブリーラム・ユナイテッドの圧倒的優位が予想されたなか、アウェイでの初戦を0対1でまさかの敗戦スタート。ブリーラム・ユナイテッドは追い込まれた状況でホームでの第2レグを迎えた。

第2レグでは前半にエースのジオゴ・ルイス・サントがPKを決めて先制すると、後半には韓国人MFの高瑟基が決めて2対0。2試合合計スコアで逆転し、ブリーラム・ユナイテッドが2大会連続2度目のメコン王者となった。

【決勝・第1レグ】ランサン・ユナイテッド1-0ブリーラム・ユナイテッド

【決勝・第2レグ】ブリーラム・ユナイテッド2-0ランサン・ユナイテッド

2大会連続優勝でタイサッカーの面目躍如

同大会は2014年にカンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオスの4ヵ国によってスタートし、2015年からタイの代表も参戦。タイ以外の4カ国は各国のリーグ王者、タイからはトヨタ・リーグカップの優勝チームが出場している。

大会はまずタイ以外の4カ国の代表が対戦して決勝進出チームを決定し、ファイナルで待ちかまえるタイの代表クラブと対戦する形式。現状、このエリアでは頭一つ抜けた存在であるタイに他の国々が挑戦する形となっている。

2大会連続出場のブリーラム・ユナイテッドは前回のボンケット・アンコール(カンボジア)に続いて今大会も予想以上の苦戦を強いられたが、タイサッカーの面目躍如となる2連覇を成し遂げた。

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で