朝晩だけ開くトンローの八百屋。電卓もなくマッハで暗算する名物おじさんがスゴイ!

レビュー・レポート

バンコク・トンローのソイ19近くにある小さな八百屋。朝と晩だけ店を開け、売り物がなくなったら閉店という一風変わった店だが、それ以上に店番をする名物おじさんには、ただただ驚くばかり。

IMG_8951

「これは300gだから15バーツ。これは1本5バーツで20バーツ…」。呪文のように計算を始めるおじさん。全てを袋に詰め終わったころ、「はい、〆て、145バーツね!」と客に値段を告げる。

IMG_8955

その計算の早いこと。電卓もソロバンも使わず、暗算だけ。どうして、そんなに早く計算ができるのか尋ねてみたが、おじさんは笑うだけ。

IMG_8969

しまいには、指を差し出し、日本語で「イチ、ニ、サン、シ、ゴ…」。さらには中国語で「イー、アール、サン、ウー、リュー…」。むむむ、このおじさん、只者ではない?!

おすすめ関連記事
ワッペン堂
Tokyu Paradise Park
レオンテクノロジー
yonezawashow10
Chatwork
traveloka
星野リゾート トマム
the giving town
沖縄観光コンベンションビューロー
Spa & Hair LiLAC by 106Hair
横浜