Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイの人々の暮らし 第10回 タイ人はアルコールをどのくらい消費しているか?

Last updated:

平均的なタイの人々の暮しを紹介する連載企画「タイの人々の暮らし」。今回は、ビール、ウイスキーなどお酒のお話。街角のレストランで美味しそうにグラスを傾ける姿はよく見かけるけど、タイの人々は一体どのくらいお酒を飲むの?という素朴な疑問にお応え!

expenses

ごく一般的なタイ人世帯が1ヶ月に金額にしてどのくらいアルコールに支出しているかをまとめたのが上図。地域ごとに差があるのが特徴。

バンコク首都圏では349バーツで、30日で割ると1日11バーツ。これでは缶ビール(小)25~35バーツの1本分にもならない。意外にアルコールにお金を使っていないことがわかる。

地方に行くと、さらにアルコール支出は減る。最も低いのはバンコク首都圏を除くタイ中部。わずか181バーツ。同上の缶ビールだと、わずか6本分。1週間に1.5本しか飲まない計算になる。

outin

「安く大量買いして家で飲んでいるんじゃないの?」という疑問を持つ方へ、次は「家飲み」と「外飲み」の比較。同じように平均的なタイ人世帯が1ヶ月にそれぞれどれくらい支出しているのかをまとめたデータが上図。

やはり、レストランなど「外」で飲むより、「家」に帰って飲んでいることが分かる。とはいえ、金額はそれほど高くはない。

こちらも地域によってバラつきがあるのが特徴。オフィスワーカーの多いバンコク首都圏で意外にも「家飲み」が多いことが分かった。さらに、チェンマイやチェンライのある北部で「家飲み」の比率が高かった。

一見、意外なタイ人世帯のアルコール事情。タイの人々は、アルコールは必ずしも必要ではなく、家族や友人とおしゃべりをしながら食事を摂ることが最も楽しいと考えているようだ。

微笑みの国タイ。街を歩けば誰彼となく、笑顔で挨拶を返してくれる。それがタイ。人々は親切で、温かく、また来てみたくなる、心のふるさと。でも、実際に現地のタイの人たちがどんな暮らしをしているのかまではあまり知らない。新企画「タイの人々の暮らし」では、そんなタイ人家庭の様子や、ごく普通のタイ人がどんな暮らしをし、どんなことに関心を持っているのかを一話完結で紹介していく。

あなたにオススメの3本
変動相場制移行のミャンマー、旅行の際は為替情報にご注意を!... 民主化が進み、観光地としても注目されるようになったミャンマー。年間の外国人観光客は35万人にも及び、隣国タイからも近くて遠かった未開の地を一目見ようと、5万人近い観光客が訪れている。ところが、4月に始まった変動相場制への移行を知らず、思わぬ不利なレートで通貨を...
海外生活の心得 其の3 医療保険を選ぶ際のチェックポイント... 皆さん、こんにちは〜! 前回は、海外で利用できる医療保険各種のメリットとデメリットをご紹介しました。今回は、前回ご紹介をした4種類の保険の復習と、実際に医療保険を選ぶ際のチェックポイントを、ご紹介します。 まず復習ですが、日本人が海外でも利用できる...
欧州系秀作デザインなバイクに乗りタイ!KEEWAY&BENELLI... タイも最近、バイクに最適な大変心地よい気候になってきました。私も年末年始にかけてカンボジア国境付近までソロ・ツーリングに行き、心身ともにリフレッシュ!年々酷くなる連休前後やバンコク近郊の酷い渋滞でもスイスイ前に進めるバイク移動は、非常に有効な移動手段です。 ...
メディア
よく見られてる一本
冠水状態が次第に収まりつつある11月1日の王宮周辺の様子