Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイの人々の暮らし 第4回 タイ人世帯の貯金・借金事情

Last updated:

始めた時はどうなるかと思った新企画「タイの人々の暮らし」。情報集めも何とかなるもので、はや4回目。そろそろ衣食住など個別テーマを展開するはずだったのが、予定を少しだけ先延ばしに。今回は、タイ人家庭の貯金、借金事情をお届け!

saving_loan

連載第1回目では、一般的なタイ人家庭の所得並びに支出の内訳を紹介した。では、その中からどの程度が貯蓄に回り、どの程度の借金をしているのかを示したのが今回の上図データ(出典はタイ商業会議所大学、以下同じ)。

実に6割近い家庭で、わずかでも毎月貯金をしていることが分かる。収入が少ない⇒だから貯金できないだろう、と安易には考えてはいなかっただろうか。かなり堅実に生活している様子が見て取れる。

もちろん、月額はそう多くはない。でも、毎月2500バーツ(約8000円)以上の貯金している世帯が全体の15%近くにも上ることについては、市場への認識を改める必要があるかもしれない。

saving_loan_01

自分の仕事(量、質)に見合う収入を得ているかの認識を尋ねた結果が上図。全体として不満が過半を超えているとはいえ、「適当」と答えた人が47%を占めたことについては驚いた。同じ質問を東京都内投げかけた場合、同じような結果となるだろうか。

S

微笑みの国タイ。街を歩けば誰彼となく、笑顔で挨拶を返してくれる。それがタイ。人々は親切で、温かく、また来てみたくなる、心のふるさと。でも、実際に現地のタイの人たちがどんな暮らしをしているのかまではあまり知らない。新企画「タイの人々の暮らし」では、そんなタイ人家庭の様子や、ごく普通のタイ人がどんな暮らしをし、どんなことに関心を持っているのかを一話完結で紹介していく。

あなたにオススメの3本
タイの司法制度。憲法裁判所に行政裁判所。ご存知でしたか?... さまざまなデータを元に、タイ社会の知られざる一面などをお伝えしている「数字で見るタイ事情」シリーズ。当初は孤軍奮闘、短期で終了するのではと噂されもしたが、今では後発の応援団も加わって賑やかとなるなど、それなりの「企画」の目となりつつあるようだ。で、今回からはこ...
汗と涙の「バンコク 落語と歌謡ショー」が開催 「落語ってのは、舞台演技と違って本物の小道具なんてものは使いまへん。扇子と団扇(うちわ)、この二つだけでお客さんから想像力をお借りしながら演じていくんですね。例えばですね、落語でうどんを食べている姿を演じるとき。大事なのは、うどんを掴んだ箸と目線が一緒に動かな...
海外生活の心得 番外 ちょっと箸休め(2) 最近考えている投資案件…... 皆さん、こんにちは。うきうきコンサルタントのたなかです!今回は、【箸休め】として、たなかが現在考えている投資案件のご紹介を致します。 と、その前に背景からご案内しますと、たなかは、2010年の9月から始めた、ポンド建ての安定型投資信託があり、2年半で8....
メディア
よく見られてる一本
タイでも人気のLINE
LINEとタイと中国の関係