\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

新南ラオス紀行【第10回】-少数民族の村を訪ねた-

その小さな村の入口に近づくと、どこからともなく子どもたちの可愛らしい歌声が聞こえてきた。手拍子に加え、打楽器を叩くようなリズムを刻む音。何かの民族音楽だろうか。どこか懐かしい優しい響き。自然と足が速まった。

藁葺きに高床式の質素な舞台。ここで、14、5人の子どもたちが、民族舞踊の練習に励んでいた。年長の“お姉ちゃん”たちが身振り手振りで、弟や妹に口上や舞いを教えている。抑揚のある澄んだ掛け声。打楽器と思っていたのは、ひび割れて使い物にならなくなったバケツだった。

ここは、ラオス少数民族の村。通訳が不在だったため詳しいことは分からなかったが、中国南部やベトナム、ラオス、タイ北部の広範囲に居住するミャオ族ではないかとみられている。紅を基調とした色彩あふれる着衣は伝統的な民族衣装であろう。花の髪飾りや刺繍など、さりげないお洒落にも、思わず頬が緩んだ。

ミャオ族は中国南部が最も多く900万人。ラオスでは約45万人にすぎず、全人口600万人の7.5%ほど。すべてのものに霊魂や生命が宿るとする精霊崇拝で知られ、米を主食とした生活を送っている。このほか、ラオスにはラフ族、アカ族などの少数民族も暮らしている。

オススメ記事
New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。番外カオヤイ編2-楽しんでやっていきたい... 「父が一生懸命、良いブドウを作ってくれるから、私は出来る限りその味を活かして、美味しいワインを作るだけ…」 静かな語り口の中に、どこか秘めた思い。タイ・カオヤイのワイナリー「GranMonte(グランモンテ)」で、オーナーの父ウィスット・ローヒットナーウィ(V...
民主化進むミャンマーで7月に初の交響楽団クラッシックコンサート。 日本人指揮者の福村芳一氏が指導のため渡航へ!... 民主化の進む東南アジア・ミャンマーで、同国で唯一の国立交響楽団が7月半ば、国内で初めてとなる本格的なクラッシック・コンサートを開く。指導・育成役として日本人指揮者・福村芳一氏が招聘されることも決まり、今月下旬にも渡航の予定。「音楽を通じての日本とミャンマーの架...
崖っぷちの瀬戸際にあるタイ政府のコメ担保融資制度。行方は如何に?... 洪水被害などに苦しむ農家への救済策としてタイ政府が実施する「コメ担保融資制度」が苦境に立たされている。中間業者による「中抜き」や逆ザヤ、市場価格の低迷など公費にかかる負担も深刻になりつつある。 昨年10月から実施された同制度。農家に対しコメを担保に事業資...
タイとミャンマーの山岳国境貿易が過去最高規模に! 工業団地建設も!... タイ最大の難民施設「メーラ難民キャンプ」を県内に持つタイ・ターク県と、隣接するミャンマー・カレン州ミャワディ間の国境貿易が活発で、今年は過去最高規模に達することが分かった。 ターク県メーソート郡の貿易担当者によると、すでに5月までに国境貿易額は総額210...
よく見られてる一本
タイサッカー代表のパス技術
チョンブリーFCを支える「六人の侍」6/櫛田一斗(選手)