\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

新南ラオス紀行【第7回】-猛々しい「父」なるメコン-

Last updated:

その音が水の音であることは、かなり手前から分かっていた。「滝がある」と教えてくれたのは、土産物屋のおかみさん。一刻も早く目にしたいという衝動に駆られていた。

ゴッー。視界が開けた先に姿を現したのは、隆起した巨大な岩肌を縫うように流れるメコン川だった。「これが、あの穏やかな流れのメコン?」。言葉がなかった。形容のしようがなかった。

違う角度から眺めてみたが、その雄々しさに見合う言葉が見つからなかった。ついさっきまで「母なるメコン」と呼んでいたあの大河が、ここでは猛々しい「父」となって岩肌にぶつかり、激しい波しぶきを上げていた。

おそらく地殻変動であろう。遥か昔、隆起した岩山。そこに流れ込んだメコンの水。気が遠くなるほどの時間を費やし、岩を削り、荒々しい姿に形を変えた。水の流れもまた、岩山の谷を流れる急峻な川となり、滝となった。

いくつもの水の流れが、分岐と合流を繰り返しながら、まるで九つの頭を持つ龍のようになって川下に向かっていく。壮絶なまでのスケール。もはや言葉は不要だった。

ふと川下で人影が見えた。眼を凝らしてみると、魚を捕っているではないか。竹や葦とみられる材料で編まれた手作りの仕掛け。これなら小魚を一網打尽にできる。天然のいけすにも思えた。

帰路、教えてくれた土産物屋のおかみさんの店に顔を出した。「どうだった?」と聞いてくるが、何とも表現のしようがない。両手を大きく広げて、とにかく驚きだけを伝えた。すると、おかみさん。「向こうには、もっと大きな滝がある」。自然と足が速まった。

こちらの記事どうぞ
緑に包まれたバーンラック幼稚園。週末は一般開放、フォーラムも開催!... バンコクのスクンビット・ソイ40にあるバーンラック幼稚園は「緑の幼稚園」として知られる。高さ20メートル以上もあろうという何本もの巨木が、上空から子供たちを優しく包む。ウサギなどの小動物も放し飼いにされており、「えっ?ここがバンコクの都心部?」と勘違いしてしま...
New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。最終回-リッチで膨らみのあるボディ... 【2011 Viognier Granmonte】(ヴィオニエ・グランモンテ)生産地:カオヤイ タイ産ワインの存在を本場フランスの関係者に知らしめたクオリティー高い出来栄えの白ワイン。タイを代表するトップグレードの1本と言っていい。 政府主催の晩餐...
新南ラオス紀行【最終回/番外編】-懐かしい農村の街並み-... かつてのチャンパーサック王国、現在の南ラオス・チャンパーサック県で見た風景は、どこか親しみのある懐かしい農村の街並みだった。連載企画「新南ラオス紀行」最終回は、「番外編・南ラオスあれこれ」――。 宿泊の拠点としたのが、旧チャンパーサック王国の王宮を改築し...
象牙など密猟と密輸の現状を示す「犯罪スコアカード」。来年タイで開催のワシントン条約会議を前に... 2013年3月にタイで開催されるワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約=CITES)の国際会議を前に、世界最大規模の自然環境保護団体「世界自然保護基金」(World Wide Fund for Nature=WWF)が作成した象...
よく見られてる一本
岡山発!バンコク日本食界のルーキー「ぼんくら桃太郎」べっぴん鍋