タイの菜食週間キンジェーは今週末がピーク。黄色い「齋」の旗が目印!

Last updated:

太陰暦の9月1日から9日間に渡って毎年行われるタイの「菜食週間(キンジェー)」。古くは中国の風習だったが、今ではすっかりとタイの風物詩となって親しまれており、これ目当てでタイを訪れる観光客もいるほど。今年もまた、キンジェーの季節が到来した。

タイのベジタリアン週間

暦の関係で10月15日から23日までが今年のキンジェーの期間。身体の中に蓄積された「毒素」を体外に放出させるのが目的の、言ってみれば「菜食療法」。この期間は多くの飲食店で、肉、魚、卵、牛乳、ニンニクなどの香味野菜といった食材の提供が控えられる。もちろん、アルコールも御法度。

レストランなどの屋内型の店舗だけに限られない。タイの至るところにある屋台でも、敬虔なまでにキンジェーを守る姿が。

「豚の三枚肉」に見えるが実は原料は大豆!

だが、そこはご愛嬌。大豆などを材料に、肉や魚、ゆで卵に似せて作られたコピー食品が至るところに出回るのも、タイのキンジェーの面白さ。日本食ブームが続く最近は、日本食料理店でも魚に似せた大豆食材を使うようになっている。コンビニにも、コピー食品が勢ぞろい。

キンジェーを実施する料理店の軒先には、黄色地の小旗が万国旗のように並ぶ。小旗の中央には仏教の教えから来る赤字の「齋」のマーク。「ジェー」にあたるタイ文字が数字の「17」に似ていることから、17に因んだデザインの旗もある。

肉魚類の一切が御法度でありながら、実はただ一つ許されている食材がある。海のミルクとも呼ばれる「牡蠣」がそれ。

遥か太古の昔、修行中の三蔵法師が航海中、海で大時化に遭い、仏の許しを得て口にしたのが「牡蠣」であったことから来る言い伝えによるもの。期間中であっても牡蠣だけは普段通りに振舞われるのがキンジェーの楽しいところでもある。

この時期は、キンジェーに合わせて大振りの牡蠣が飲食店の至るところで提供される。プリプリして見るからにジューシー。しかも、美味しそう。試しに1粒、生食してみたところ、何とも言えない甘さが口の中に広がった。タイで「生牡蠣」が食べられるのもキンジェーがあるから?

あなたにオススメの3本
国境を越えたクリエイティブ「GRAPHIC PASSPORT」バンコクで開催... 常に進化し続ける街東京から世界30カ国へ向けて出版されているクリエイティブ雑誌「+81」。 その「+81」が、世界の様々なジャンルのトップ・クリエイターを招いてカンファレンス、ワークショップ、エキジビションなどのプログラムを展開するクリエイティブイベント...
NaoNaho ライブ in バンコク ”上々颱風”のベーシスト「西村直樹」さんと、”LAST TANGO”などで活躍中のバイオリニスト「柴田奈穂」さんのデュオ”NaoNaho”がバンコク初上陸。6月23日(木)を皮切りに、26日(日)まで4日連続のライブを開催します。 イベントフライヤー ...
進む円安バーツ高。この5ヵ月で2割も下落 つい先日、バンコクを訪れた友人が悲鳴を上げていた。「おいおい、マジかよ。この間、8月に来た時は1万円を両替して4000バーツ以上あったのが、今じゃあ3000バーツちょっと。これじゃあ、土産を減らさなくちゃいけないな…」 このところ急激な勢いで進む円安バー...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
48回目-バンバンバンコク
第48回 HIROがオススメするタイマッサージ店とは?