\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイの女優騒動のドラマと現実

タイ人女優のテンモーさん
タイ人女優のテンモーさん
Last updated:

このところ世間を騒がせていた、タイの芸能人テンモーさん(Tengmo)の涙の記者会見。

ワイドショーやネットは彼女の話題で持ち切りで、ゴシップ好きのタイ人女子たちは出勤早々、仕事二の次で、各々の憶測を主張し、連日激しい討論が繰り広げられておりました。

涙の記者会見
涙の記者会見

ことの発端はテンモーさんが婚約者のトーノーさん(Tono)と破局したことに凹み、睡眠薬自殺をはかってしまったことが原因。自殺は未遂で留まったものの、テンモーさんの友人が搬送先の病院で応急処置された彼女の哀れな姿をInstagramへ投稿し、その画像は瞬く間に拡散されてしまいました。

入院時の写真をInstagramで公開
Instagramで撮った入院時の写真

翌日、病院にて、医師と父親も立ち会いのもと、世間を騒がせてしまったことへの謝罪会見を開くはめになったテンモーさんですが、おそろいのタトゥーを入れるほど愛し合っていた二人に一体何があったのかということはさておき、『友達が死にそうなのに、Instagramに画像を投稿するなんてどうかしてる!』とか『トーノーさんに心配させるための猿芝居だったのではないか?』とか、『破局の原因は彼女には他にも男の影があったから』とか『病院で記者会見できるくらい実は余裕?』など、彼女に対しての世間の批判は日に日に悪化し、渦中の人となったわけです。

テンモーさん。
テンモーさん。

この事態に対してタイの女子たちはみんな口を揃えて『まるで、ドラマみたい♡』とワクワクがとまらないご様子。

それもそのはず。

タイで放送されているゴールデンのドラマは、昼ドラをスーパーどろどろさせたような、恨み辛み妬み嫉妬満載の刺激強めの内容のものが多く、青春ドラマなんかで育っていない彼女たちは、昼ドラのようなシチュエーションに夢を頂き、乙女心をくすぐられるのであります!

ドラマのような、刺激的なシチュエーションに憧れるあまり(?)

テンモーさん。
テンモーさん。

現実の恋愛でも、ぶった、ぶたれた、刺した、刺されたのいざこざもよく聞きくのですが、先日聞いた話は、ある女性が、彼の浮気(本当は無実だった)に怒り、寝ている彼に熱湯を浴びさせ(2回も)逃亡した彼女は、Facebookにしっかり“やってやったどー!”と投稿していたとのこと。。。

タイでは、お酒やタバコや拳銃などは子供への悪影響を及ぼす恐れがあるために、テレビに映すときはモザイクをかける決まりがありますが、ゴールデンに流れるドラマの脚本のほうが子供の教育に大いに影響及ぼしちゃってる気がします!

ドラマ
ドラマ

あれから一週間が過ぎ、女子たちの朝の討論会もなくなり、活気の無い女子たち。『あのテンモーさんとトーノーさんの話題はもう無いの?』と会社の女子に尋ねると、『二人で話し合った末、正式に破局したみたい。つまんないのー。』とのこと。

彼女たちが刺激を求めるあまり、社内で昼ドラみたいなことが起きませんよーに!

■ 今日のことわざ ■
คลื่นใต้น้ำ クルーン ターイ ナーム
日本語訳: 水面下の波
意味: 表面上はおさまったかに見えるが、内部ではまだくすぶっている
微笑みの国にギャップ感じる!

こちらの記事どうぞ
仏の教えとは何ぞや!? 突然ですが、みなさんに問題です。 下記の写真に映っているものは何でしょう? これななに!? ハットラック? アスレチック? アーティスティックなオブジェ?残念!全てハズレです。 ヒントは、お部屋の中です。正解は、わたしの...
輝け!キミの第一印象! 一時日本でも注目された、キラキラネーム。最近は、親に命名され、長年連れ添ったキラキラネームを就職が不利になるという理由で、自ら改名する人が増えているそうです。 タイ人の本名は、お坊さんや両親に命名されサンスクリット語や、バーリー語に由来した名前が多いそう...
道草タイランド珍道中のはじまりはじまり タイに住み始めてから時々日本に帰国する度に思うコトそれはタクシーが恋しゅう。終電を気にして飲む日本とは違い、どんなに飲んでもタクシーで帰れるのはバンコクの魅力のひとつでもあります。 ここバンコクでの移動手段はBTS(スカイトレイン)MRT(地下鉄)もあり...
男女の組み合わせ約14パターン!タイのファンタスティック恋愛競争社会... 緊迫した会議中に、室内を見渡せば、ふと、参加者の3分の1がオネエだというコトに気づいた午後3時。なんてことが、普通にあるここタイランド。 セブンイレブンでオカマちゃんが働いていたり、ゲイの有名人も沢山いるし、とてもオープンで素敵な国であります。いつもどお...
キュレーター
よく見られてる一本
プロンポンのネイルサロン「ANEMONE」
バンコクで人気の日本人経営ネイルサロン「Anemone」