アングル
角度を変えてタイからアジアを覗く

北海道のミュージシャンTakaaki Suzukiによる「サウンド・エキシビション」in バンコク

GIANT SWINGの新たな展開-  DJによる音楽=クラブ・ミュージックのみならず、ミュージシャンによるライブや、アーティストによる作品展までを手掛け、アジアにおける独自の文化を築きつつあるイベント"GIANT SWING(ジャイアント・スイング)"。3周年イベントを6月に控え、ここで新たな試みをすることになった。 5月24日金曜日、シーロム・ソイ19のArtery Post-Modern Galleryで行われるイベントは"BREAK THE…
続きを読む...

アーティストの東南アジア展開!タイに上陸した北海道アーティストの軌跡と奇跡。

北海道の仲間たちと一緒にタイで何かを実現したいという思いはずっと心のどこかにあったのだが、結局3年も待つことになった。だがそれは4月下旬、札幌在住のダンスミュージックのプロデューサーNaohito Uchiyamaのバンコクツアーという最高の形で実現した。 初日のQ Bar、オーディエンスは彼のことを知らない人ばかり。だけど場の熱量を保ったまま、絶妙にグルーブをキープし続けるNaohito Uchiyama。今回のツアーの成功を予感させる、良い始まり方だった。…
続きを読む...

【連載最終回】Naohito Uchiyama バンコクツアーに込めるバンコクの3年間

北海道屈指のテクノ・ミュージックのプロデューサー「Naohito Uchiyama」が初のバンコクツアーを行うことになった。全2公演、4月26日(木)はQ Bar(スクンビット・ソイ11)でDJ、4月28日(土)はGLOW(スクンビット・ソイ23)でオリジナル楽曲によるライブを披露する。同時に二日後のGLOWでのイベントは、バンコクで活動する日本人DJのmAsa niwayamaとHIROO(筆者)による「GIANT SWING」の2周年イベントとなる。…
続きを読む...

沖縄民謡 堀内加奈子バンコク公演

タイにはモーラムやルクトゥンなど、人々の生活に根ざした豊かな音楽がある。みんなよく酒を飲むし、陽気な音楽が鳴るとついつい踊り出してしまう。そんなこの国の音楽事情と多くの共通点が見出せそうなのが沖縄だろう。 民謡酒場では毎晩のようにお客さんを交えたライブが行われている。その世界にひとり飛び込み、唄と三線の演奏を学んできたのが北海道・函館出身の堀内加奈子。沖縄民謡界の大御所かつ永遠の歌姫、大城美佐子に師事しながら鍛えられたその実力は本物だ。…
続きを読む...

パラダイスバンコク3周年

遂にこの日が来る。いまや世間では忘れ去られつつあるレコード盤、その溝に込められたタイ音楽の素晴らしいグルーヴを現代に蘇らせるべく始まったDJパーティー「PARADISE BANGKOK」。そのコンセプトが発展し、イサーン(タイ東北部)のミュージシャンによる生演奏までが実現されるようになった。昨年のDao Bandon(伝説的なモーラムシンガー)に続いて、今回、Wong Dontri Molam Theppabutrという総勢11名のバンドが登場する。…
続きを読む...

北海道FMラジオ局NORTH WAVEでバンコクDJ特集

北海道のクラブミュージックシーンにおいて、テクノを中心としたダンスミュージックを世界中に発信しているレーベルがSYNAPSE(シナプス)。PROVO(プロボ。オランダ語で「扇動者」の意)という店を拠点として、世界各国のDJから絶賛されるクラブPrecious Hallや系列店のFillmore Northでハイクオリティなパーティー空間を作り続けている。音楽レーベルとしては、Naohito UchiyamaやKuniyuki…
続きを読む...

いつものタイではない、新しい空間を提供する noth vol.2 のお知らせ

心地良い風が吹き抜けるビルの屋上という最高のロケーションにあるNEST ROOFTOP、そのただでさえ素晴らしい空間に、日本発のクラブミュージックや独創的なライブを持ち込むのが新型パーティー「NOTH」(ノース) 今年9月には、札幌にPROVOという拠点を築き、レーベルSynapseから世界中にテクノ・ミュージックを発信しているseñoryutaをゲストに迎え第1回目を開催。以前から親交のあるHIROO(Oyamapan…
続きを読む...