アングル
角度を変えてタイからアジアを覗く

ふっくらボリサット「第四二話 暑期は暑すぎる」

今まさに暑くてヒーヒー言っていますふっくらボリサットです。 前回までのタイ語学校の話をちょっと横に置いといて、タイの暑期のリアルをお伝えします。 タイは今が一番暑い!!まさに暑期です。 ソンクラン(タイ正月)の頃は40℃を越す日もあり大変でした。 タイを訪れる方は暑さでぶっ倒れないようご注意ください。
続きを読む...

ふっくらボリサット「第四一話 タイ語学校に通おう⑤」

タイ語はこういう、単語と単語をくっつけて新しい意味になる単語がいっぱいあって覚えるのが楽しいです。 ナクリアン リアン ティー ローンリアンの「ティー」は、英語でいうinとかatとかみたいな、場所をあらわす前置詞的なやつです(多分)。 つづりなど間違ってたらこっそり教えてやってくださ~い!
続きを読む...

ふっくらボリサット「第三九話 タイ語学校に通おう③」

以前この「声調にあわせて顔が動く現象」についてツイートしたところ 「タイ語あるあるwww」というコメントを頂きました。 顔が動いちゃうのは私だけじゃなかったんですね!よかった~! いまだにどうしても視線が動いちゃいます。 いつか動かずにタイ語をしゃべれる日が来るのだろうか…
続きを読む...

ふっくらボリサット「第三八話 タイ語学校に通おう②」

新しい言語を勉強するのはめちゃめちゃ疲れるけど、ものすごく楽しい!!ということを授業のたびに実感します。 「警備員さん」はタイ語で「ヤーム」と言います。タイ語学習者がヤームさんと会話するのは定番らしいです。なぜかというとヤームさんはアパート入口でず~~っと座ってるのが仕事なので超退屈していて、喜んで会話に乗ってくれるからだそうです。 確かに我が家のアパートのヤームさんもすごく話し好きです。片言の日本人トークに毎日付き合ってくれてありがたい…。
続きを読む...

ふっくらボリサット「第三七話 タイ語学校に通おう①」

良い学校を探して体験授業を受けていた私達ですが、ようやっと納得できるところを見つけました! タイ語学校に行ってみた①  タイ語学校に行ってみた②  5ヶ所ぐらい巡った甲斐あってとてもよい学校です。 そのうえ徒歩2分でアロイご飯にありつけるとは…最高です。 (※アロイ…タイ語の「おいしい」。「サワディーカー」の次ぐらいに有名なタイ語。) しばらくタイ語学校のことを漫画でかいていこうと思います。 果たしてタイ語ペラペラになれるのか!?
続きを読む...

ふっくらボリサット「第三六話 大使館に行ってきた」

海外に住んでる日本人なら何かとお世話になる大使館。 本当に日本っぽい匂いがするんですよ~。不思議!なんだか懐かしい気持ちになりました。 すかしっ屁イスはぜひ実際に座ってご確認ください。 ところで大使の正式役職名って知ってます?「在タイ日本国特命全権大使」だそうですよ。 かっっっかっこいい…!!
続きを読む...

ふっくらボリサット「第三五話 バンコク寒い!」

前日まで最低気温28℃だったのが突然17℃ぐらいになってしまって、この時は外国人バンコク在住者のみならず地元住民もてんてこ舞いでした。 バンコクに10年ぐらい住んでる知り合いが「こんな寒くなったの初めて」と言ってたので信憑性があります。 この時は日本も大寒波で大変だったようですね。私が17℃だ16℃だで騒いで凍えてた時、日本はバンバン雪降ってたみたいなので、ギャップがすごいな~とちょっとおもしろく思いました。…
続きを読む...

ふっくらボリサット「第三四話 センセーブ運河で遊ぼう④」

前回からの紆余曲折を経て、なんとか合流出来た時は安心しました~ 疲れた~などマイナス点ばっかり書いちゃってますが、センセーブ運河ボートはうまく使いこなせれば道路がいつも激混みのプラトゥーナム付近(伊勢丹も近いよ)に行く時など、とっても便利なようです!
続きを読む...

ふっくらボリサット「第三三話 センセーブ運河で遊ぼう③」

ちゃんと確認しておけばよかった~! センセーブ運河のボートは、モノによって止まる停留所がちがうので注意したほうが良いですよ! 私たちの場合は特定の目的地があったわけではないのもあり、流されるままにすれ違い…巡り会えず… 油断してると川のドブ水がバンバンかかってくるし、いつもの見知った道路ではないのでだんだん心細くなりました。
続きを読む...

ふっくらボリサット「第三二話 センセーブ運河で遊ぼう②」

はぐれました!どうしよう!次回に続きます! センセーブの船頭さんは全体的に気性が荒くてせっかちな感じがしました。 慣れてない人は「乗ります乗りまーす!!!!」と他人を押しのけてくぐらい自己主張してかないとどんどん見捨てられます。トロい外国人でごめんなさいね! ボートに乗り損ねたついでに川に落ちなくて良かった~!
続きを読む...

ふっくらボリサット「第三一話 センセーブ運河で遊ぼう①」

バンコクは渋滞が激しく、陸路移動はめちゃめちゃ時間がかかる事が多いです。 センセーブ運河のポートなら渋滞知らずなのでスイスイ移動できるというわけですね。ところでこの川、4コマ目に描いたようにほんとに臭いです。THE ドブ臭です。 anngleでも去年の11月に記事にされてます↓↓ バンコクのドブ川こと「センセーブ運河」がキレイに! http://anngle.org/newsclips/dobugawa-clean.html…
続きを読む...

ふっくらボリサット「第三十話 タイ語学校に行ってみた②」

やっぱり日本語に無い発音はむずかし~!! 相変わらず顔面筋肉痛です。 3コマ目のセリフ「スースーナ」はタイ語で「頑張れ」という意味です。 頑張るというよりは気が抜けちゃうような気がするのは私だけ…? でも語感がかわいいのでよく使ってます。
続きを読む...

ふっくらボリサット「第二九話 タイ語学校に行ってみた①」

最近いろんなタイ語学校の体験授業を受けてみてます。学校によって雰囲気が全然違っておもしろいですね!だいたいどの学校も発音から入ります。これが難しいのなんの! 顔面筋肉痛になります。声調は、漫画に描いた「平声」「高声」「上声」「下声」の他に「低声」というのがあります。 難しくてわけ分かりません。
続きを読む...

ふっくらボリサット「第二五話 感嘆 日タイ比較」

タイ人の「オイ!」は、実際に聞くとほんと~~に面白いです。 驚いた時以外に、激痛で「ぎゃー!」というような時も「おいーッ↑↑」と言います。 とある喫茶店に行った時、水が止まらなくなった蛇口と格闘してる店員さんが「オイ!オイ!オイ!!!!」と慌ててました。 タイ人に「オイ!」と叫ばれても、びっくりしたり痛がったりしてるだけなのであまりびびりすぎないようにしてあげてください笑
続きを読む...

ふっくらボリサット「第二三話 激辛料理の対処」

夫に教えてもらったこの『秘技・塩唾液ペッ』で、何回か激辛絶体絶命状態から脱しました。ほんとに効きますよ! 紙ナプキンに唾液を出す時、予想外にたくさん出ちゃって、しかもそれを目撃した店員さんが爆笑してたので、こっそりやってね♡ タイ料理はほんとにおいしい&からいので、毎度うめきながら食べてます…。 塩を使った激辛料理の対処法は、ポッドキャスト「Bang Bang Bangkok」でも話しています!…
続きを読む...

ふっくらボリサット「第二二話 からいの?からくないの?」

これ、経験した方も多いんじゃないでしょうか… 「からくしないでね!」「オッケー!」のやり取りを経ても激辛料理が出てきたりします。 さすがに慣れてきて、からいものもちょっとなら食べられるようになってきました。 なんと今回は続き物ですよ! 次回は激辛料理を食べちゃった時の対処法がわかる漫画だよ〜。役立つふっくらボリサットです。
続きを読む...