アングル
角度を変えてタイからアジアを覗く

なぜタイの日本食がモテるのか?タイの日本食文化と歴史

1980年代中頃に日系飲食料品の小売店がタイに進出、80年代後半に日本人向けの日本食飲食店が急増した第1次日本食ブームが起こった。 タイ国内で起きたスーパー日本食ブーム 90年代後半にはタイ資本の日本食食べ放題店がヒット。これを機にタイ人客が急増した第2次日本食ブームが起こり、一気に日本食がタイに浸透していった。…
続きを読む...

タイ国内の食品流通とタイ人の飲食事情を知る

タイ国内における食品の流通と小売市場 タイ国内における食品の流通と小売市場国家経済社会開発委員会(NESDB)によると、タイの卸・小売部門は、2011年の暫定値ではタイの実質GDPの14%を占めており、タイの経済において、流通の占める割合は決して小さくないといえる。…
続きを読む...

2013年現在のタイ国内の食品業界概況とは?

タイでは、豊富な原材料と比較的安価で良質な労働力という好条件を活かして、食品加工産業が大きな発展を遂げた。 特に1980年代以降、日本市場における鶏肉製品、エビ製品などに対する需要拡大を背景に、いわゆるアグロインダストリー(農業資源を基にした工業)を形成する食品輸出企業が育った。(加工技術向上の背景として、日本企業の進出や生産委託による技術指導が大きく貢献したといえる)…
続きを読む...

タイの経済成長と日系飲食業界のつながり

調な経済成長が進むタイ。国民の平均所得は上がり中間層や富裕層に分類される所得層が増加、今後も増え続けることが見込まれている。 経済発展とともに、街には高級飲食店をはじめ、西欧、中国、韓国、インドなど、さまざまな国の飲食店や、大型スーパーマーケット、コンビニエンスチェーンが続々と建ち並んでいった。…
続きを読む...

タイでモバイル関連サービスの提供を推進する「兼松コミュニケーションズ株式会社」

海外での総合モバイルサービス 移動体通信機器販売の大手企業として、モバイル&コミュニケーションの総合ビジネスを展開する兼松コミュニケーションズ株式会社。同社は2006年に中国、2011年にアメリカに進出した。 ここタイには2012年、J Communication Service Co., Ltd. (JCS)との合弁でゲートウェイ・エカマイ内にモバイルショップ「Your…
続きを読む...

日本で30年の歴史を持つ結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」の海外1号店がバンコクにオープン

昨年6月に海外1号店をセントラル・ワールドにオープン 30年以上の歴史を持ち、成婚者数10万人を超える実績を持つ結婚相手紹介サービス 「ツヴァイ」が業界初となる海外1号店を昨年6月、セントラル・ワールド3階にオープンした。…
続きを読む...

「“働くこと”を一から伝えていく」ミャンマーで唯一の日系人材紹介会社

ヤンゴン日本人商工会議所の会員企業数が今年5月、1996年11月の発足より初めて100社を突破した。今後も日系企業の進出が続くと予想される中、タイの大手日系人材紹介会社パーソネルコンサルタントマンパワータイランド株式会社もミャンマーに進出した。ミャンマーの人材事情とは。同社代表取締役社長・小田原 靖氏に話を聞いた。 ミャンマー進出に至った経緯について…
続きを読む...

2008年にミャンマー進出を果たしたThai DCR 代表取締役・グループ示村賢一インタビュー

DCRグループは、愛知県名古屋市に本社を構えるIT企業。中国、タイに支社を持ち、ミャンマーには2008年に進出した。早くからミャンマー進出に切り出した同社。ミャンマーの魅力とは。Thai DCR CO., LTD代表取締役・示村賢一氏に話を聞いた。 いつごろからミャンマーに注目を?…
続きを読む...

東南アジアのラスト・フロンティア ミャンマーの最新事情とその魅力とは・・・

2010年11月、アウン・サン・スー・チー氏(国民民主連盟(NLD)議長)の自宅軟禁解除に続き、2011年3月にテイン・セイン大統領と中心とする新政権が誕生した。民主化・国民和解に向けた改革が進められ、今、世界が注目する「ミャンマー連邦共和国」。東南アジアのラスト・フロンティアと呼ばれるミャンマーの最新事情と魅力に迫る。 そもそもミャンマー連邦共和国とは  …
続きを読む...

GSP失効で迫る輸出危機 – 急ピッチで進められるタイ・EU間FTA交渉

今年5月にタイ・EUのFTA(自由貿易協定)交渉が開始された。タイは2014年末をもってEUの途上国向け特恵関税であるGSP(一般特恵制度)対象国から外れる可能性が高いことから2年以内でのタイ・EU間FTA妥結を目指し、急ピッチで交渉が進められている。早期妥結は可能なのだろうか。ジェトロ(日本貿易復興機構)の調査担当次長兼主任研究員・助川成也氏に話を聞いた。 なぜFTA交渉が開始されたのか…
続きを読む...